栗山千明、SEXYジャケットの新作で椎名林檎&東京事変とコラボ

 女優で歌手の栗山千明が、「プロデュースシングル三部作」のトリを飾る第3弾シングルとして、椎名林檎が作詞・作曲・プロデュースを務める両A面シングル「おいしい季節/決定的三分間」を3月2日に発売することが27日、わかった。同曲の演奏は林檎がボーカルを務める5人組バンド・東京事変が担当する。

 昨年11月に布袋寅泰プロデュースのシングル「可能性ガール」、今月26日には浅井健一プロデュース&ボーカルコラボシングル「コールドフィンガーガール」を発売したばかりの栗山が、早くもロック界の大物プロデュースによる第3弾シングルを発表した。

 今作は、栗山が林檎の大ファンだったことから熱烈ラブコール。「私の憧れのアーティストさんといえば椎名林檎さん。作詞・作曲・プロデュースをしていただけることになって夢のように思っています。しかも2曲も!」と興奮を隠せない。

 ポップでキュートな楽曲を力強く歌う「おいしい季節」、無機質さと妖艶さが入り交じった「決定的三分間」と、異なる世界観の2曲を収録。「「決定的〜」では私らしさも取り入れてくださり、「おいしい〜」では一曲の中でいろいろな表現をすることができました」と栗山が話す自信作だ。

 レコーディングに立ち会い、アドバイスを送った林檎は「言葉はあまりに無力です。千明様の前ではなおさらです。彼女の在り様が余りに自然で、我々は脱ぐしかありません」と脱帽。念願のコラボが実現した栗山は「とても気さくに色々お話してくださってアーティストとしてももちろん、女性としてもとても魅力的でした」とさらにリスペクトを深めていた。

  同シングルは、「おいしい季節」「決定的三分間」の順に収録したSEXYなジャケットと、曲順を入れ替えた別ジャケットの2パターンが同時発売される。

関連写真

  • 「おいしい季節/決定的三分間」ジャケット 
  • 曲順を入れ替えて収録する別ジャケット 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索