• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 『もしドラ』今度は映画化! 前田敦子が映画初主演

『もしドラ』今度は映画化! 前田敦子が映画初主演

 オリコンが発表する『2010年年間“本”ランキング』(全国の推定売上部数に基づき集計、期間は2009年11月23日〜2010年11月21日)の総合(BOOK)部門第1位を獲得した『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの“マネジメント”を読んだら(以下、『もしドラ』)』(岩崎夏海・著/ダイヤモンド社)。今年最も売れた小説がAKB48前田敦子主演で映画化されることが決まった。

 『もしドラ』は、弱小野球部の女子マネージャーが勘違いから買ってしまった、米経営学者ピーター・F・ドラッカーの経営書『マネジメント』を読み、その精神や理論を生かして、仲間と甲子園を目指して奮闘する青春物語。2009年12月の発売から累計発行部数181万部(書籍172万部、電子書籍9万部)、12月から『スーパージャンプ』(集英社)にて漫画化、来年3月からはNHK総合にてテレビアニメ化も決定している。

 映画初主演となる前田は「以前から(野球部、サッカー部といった)マネージャーをやってみたいと思ってましたのでみなみ役をいただいたときは嬉しかったです。マネージャーという役を通して周りの方たちをサポートする側にもなれるように頑張ります。チームプレーでステキな作品に仕上げたいと思います」と意気込んでいる。

映画化の総合プロデュースを手掛けるのは、秋元康氏。監督は、『タナカヒロシのすべて』『うた魂♪』『雨の町』などの気鋭・田中誠。ほかに瀬戸康史、AKB48の峯岸みなみ池松壮亮川口春奈、野球部監督役で大泉洋の出演も決定している。来年1月上旬にクランクインし、6月に全国で公開予定。

⇒ 最新のAKB48関連記事一覧

オリコントピックス