アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 元工作員・金賢姫の視点で「大韓航空機爆破事件」がドラマ化

元工作員・金賢姫の視点で「大韓航空機爆破事件」がドラマ化


 1987年11月に大韓航空の旅客機が、飛行中爆破テロに襲われた「大韓航空機爆破事件」が、実行犯の元北朝鮮工作員・金賢姫の視点で描く特別ドラマ『大韓航空機爆破23年目の真実』(29日後9時 TBS系)として放送されることがわかった。これまで同事件を扱ったドラマはあったが今回、金元工作員に11時間にわたる異例のロングインタビュー敢行し、彼女自身の視点で描くのは初。金元工作員「今…思うと、人間性とか、罪悪感とかそういう感覚は麻痺していました」と涙ながらに明かす。

 乗員・乗客115人の命を一瞬にして奪った大惨事から23年が経過。同番組では「大韓航空機爆破事件」、さらには「拉致問題」がどのように実行されたのかを金元工作員を元に再現ドラマとして制作された。「ロボットのようでした。頭はカルトに洗脳され、体はロボットのように“やれ!”と言われるままに行動していた…そういう人間でした」と語る金元工作員。

 また同インタビューでは、「日本人化教育」先生役だった拉致害者・田口八重子さんと過ごした日々を回想。教育の一環として教わった「赤とんぼ」や歌謡曲「秋桜」などを「今でも覚えています」と自ら口ずさんで一幕も。

 現在は、自身のボディガードを務めた男性と結婚し2人の子どもを授かり、人目を避けて生活している金元工作員。TBSは4年間に渡り交渉し今回のロングインタビューが実現。自らが明かす“23年目の真実”に注目したい。

◆関連ニュース一覧 TBSドラマ

関連写真

  • 元北朝鮮工作員・金賢姫の視点で描く特別ドラマ『大韓航空機爆破23年目の真実』(TBS系)の放送が決定 
  • 元北朝鮮工作員・金賢姫の視点で描く特別ドラマ『大韓航空機爆破23年目の真実』(TBS系)の放送が決定 拉致害者・田口八重子さんと過ごした日々を回想したドラマの1カット 
タグ

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019