• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • CM
  • 『梅の花」CMがグランプリ受賞!“ちょうど間”の心地良さが高評価 〜『2010 50th ACC CM FESTIVAL』

『梅の花」CMがグランプリ受賞!“ちょうど間”の心地良さが高評価 〜『2010 50th ACC CM FESTIVAL』


■ランキング表はこちら

 全日本シーエム放送連盟(ACC)が主催する日本最大級のCMコンクール『2010 50th ACC CM FESTIVAL』の贈賞式が1日、都内のホテルで行われ、テレビCM部門で『梅の花/梅の花CMシリーズ』がグランプリ(総務大臣賞)を受賞した。記念すべき50回目となった今回は全応募総数2280(テレビ1520、ラジオ663、マーケティング・エフェクティブネス(ME)97)作品がエントリーした。

 懐石料理を中心とする和食レストラン『梅の花』が展開する『梅の花CMシリーズ』は、何やら訳ありげなサラリーマンと女性が歌う姿を描いた『夜は夜の梅の花』『旅館みたいだね』『ちょうど間』の3作品。審査委員長を務めた佐々木宏氏は選考理由を「さくらと一郎と、ヒデとロザンナの、ちょうど間くらいの適度に高級すぎないタレントさんが歌う、安っぽすぎないCMソングが心地いい」と表現。並み居る強豪が出揃うなか、あれよあれよという間に決まったという。

 2位はタレント・新庄剛志や俳優・高嶋政宏が大胆なヘアスタイルを披露した『アデランスホールディングス/アデランスは誰でしょう?シリーズ』、3位は犬のカイくん演じる“お父さん”らがコミカルなストーリーを繰り広げる人気シリーズの『ソフトバンクモバイル/母に会いに2010・冬』が受賞した。

 ACCは、よりよいCMの提供に寄与し、国民生活の向上と放送文化の健全な発展に資することを目的に、広告主、製作会社、放送会社の4団体によって1960年に発足。毎年1回『ACC CM FESTIVAL』が開催されており、今年は創立50周年を記念して新たに「マーケティング・エフェクティブネス(ME)」が新設され、『キリンビール/「キリンフリー」ロウンチキャンペーン』が受賞した。





◆話題の作品が続々登場! 最新CM情報記事一覧

関連写真

  • 高嶋政宏が出演する『アデランス』CM 
  • 犬のカイくん演じる“お父さん”らが人気の『ソフトバンクモバイル』CM 
タグ

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索