ドラマ&映画 カテゴリ

フィンランド気鋭の映画7作品を特集上映『フィンランド映画祭』開幕

 昨年10月に、日本とフィンランドの修好90周年を記念して、東京・恵比寿ガーデンシネマで開催された『フィンランド映画祭』が今年も実施される。フィンランド気鋭の監督の長編映画6作品とドキュメンタリー1作品、計7作品を30日(土)から11月5日(金)までの期間中、各日4作品が上映される。出品作品は以下の通り。

■『ツイステッド・ルーツ(原題:Vaarat juuret)』(サーラ・サーレラ監督)

 アンティーク家具の修理店の主・ミッコは遺伝性疾患のハンチントン病が進行し経営の危機に立たされていた。妻のミルハミは弟の借金を肩代わりさせられたことを家族に打ち明けられずにいる。ミッコには先妻との息子サカリ、ミルハミとの間にできた娘のピラ、中国人の養女ルミがいるが、それぞれに問題を抱えていた。フィンランド北部の冬の町を舞台に家族のありようを丹念に描き出す静かな感動作。

■『僕はラスト・カウボーイ(原題:Skavabolen pojat)』(ザイダ・バリルート監督)

 優しい母親と魅力的な父親に育まれ、ルペルトとエベルトの兄弟は幸せな生活を送っていた。ところが、ある一通の手紙によって、家族の幸福は蝕まれていく。アルコールに溺れる父親、心に傷を負った母親、両親の離婚、住み慣れた家からの引っ越し、新しい母親の出現、そして暴力…。70年代から80年代にかけて、大人たちの理不尽に翻弄されながら過酷な幼少期を送った兄弟の絆を克明に映した濃厚なドラマ作。

■『禁じられた果実(原題:Kielletty hedelma)』(ドメ・カルコスキ監督)

 戒律の厳しいキリスト教原理主義の村に暮らす18歳のラーケルとマリア。普通の10代らしい生活への憧れと好奇心からマリアは都会のヘルシンキへ向かい、彼女を誘惑から守るよう命じられたラーケルも後を追った。神の名の下に質素で厳格な環境で暮らしていた青春期の少女たちにとって、大都会で目にするもの、体験するものは、どれもが刺激的でまぶしい輝きを放っていた。信仰と欲望の狭間で葛藤するふたりの少女の心情をリアルに描き出した意欲作。

■『ハートビーツ(原題:Kohtaamisia)』(サーラ・カンテル監督)

 問題を抱えた孫娘を持つ老女、過去の記憶に囚われる母親とその思春期の娘、不倫に終止符を打てない独身女など、さまざまな女性たちの姿を通じて、「女」として生きることの普遍性と多面性を描き出す。7つのエピソードをそれぞれすべてワンテイクで撮影し、ひとつのストーリーに仕上げた実験的な構成も大きな見どころ。

■『ヤコブへの手紙(原題:Postia pappi Jaakobille)』(クラウス・ハロ監督)

 恩赦で出所したレイラは、ヤコブ牧師の家で働くことになった。レイラの仕事は盲目の牧師のために手紙を読み、返事を書く事。毎日届く手紙を楽しみにするヤコブと、生きることに希望を持てず嫌々ながら仕事をこなすレイラ。そんなある日、ヤコブへの手紙がぷつりと来なくなり、彼はすっかり気を落としてしまう。そんなヤコブにレイラは…。あふれる涙に心洗われる物語。2011年正月第2弾、銀座テアトルシネマほか全国順次公開(配給:アルシネテラン)

■『4月の涙(原題:Kasky)』(アク・ロウヒミエス監督)

 1918年、フィンランド内戦末期、赤衛軍の女性兵士たちが白衛軍の男性兵士たちに捕えられる。その後、女性兵たちは乱暴され、逃亡兵として銃殺されてしまう。あまりにも理不尽で残酷な蛮行に衝撃を受けたドイツ帰還兵のアーロは、公正な裁きの場を求めてひとり生き残った女を連れボートに乗り込む。そんなふたりを待ち受けるのは過酷なまでに哀しく、切ない運命。内戦という異様な時代を背景に様々な愛の形を描く。2011年新春公開予定(配給:アルシネテラン)

■『危険なレシピ(原題:Katasrofin ainekset)』(ジョン・ウェブスター監督)

 地球温暖化問題を機に、1年間、現在のライフスタイルを変えずに、石油化学商製品を一切購入しない“オイルフリー”生活を実践すると決めた一家の日常を追ったドキュメンタリー。生活必需品の大部分の使用が制限され、一家の日常は一転。意思の力と家族の絆で“不便”さという“惨事(ディザスター)”の渦を乗り越えていく一家の姿を通して、環境と人間のありかたを見つめていく。

 上映スケジュールなど詳細は公式サイトで

◆東京国際映画祭特集 主な上映作品&みどころグリーンカーペットフォトギャラリー

◆映画ニュース 最新情報インタビュー映画祭


【動画】最新・公開中の映画予告編⇒


【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 『フィンランド映画祭』11月5日まで開催中 上映作品『ヤコブへの手紙』より 
  • 『フィンランド映画祭』11月5日まで開催中 上映作品『4月の涙』より 
  • 『フィンランド映画祭』11月5日まで開催中 上映作品『ツイステッド・ルーツ』より 
  • 『フィンランド映画祭』11月5日まで開催中 上映作品『僕はラスト・カウボーイ』より 
  • 『フィンランド映画祭』11月5日まで開催中 上映作品『禁じられた果実』より 
  • 『フィンランド映画祭』11月5日まで開催中 上映作品『ハートビーツ』より 
  • 『フィンランド映画祭』11月5日まで開催中 上映作品『危険なレシピ』より 
タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索