アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • はなわが“カルチャー焼”店をオープン 佐賀ご当地B級グルメ東京初進出

はなわが“カルチャー焼”店をオープン 佐賀ご当地B級グルメ東京初進出

■その他の写真ニュースはこちら

 タレント・はなわが17日、東京・恵比寿に翌日オープンする『佐賀名物 はなわのカルチャー焼き本舗』で会見した。カルチャー焼は佐賀県牛津町のご当地B級グルメで、これが東京初進出。同地を舞台にした映画『ソフトボーイ』の劇中で、はなわがカルチャー焼店の店主を演じたのが縁で、「ひと儲けしようと妻役の山口紗弥加さんと話していた」のが実現した。はなわは「山口さんに店のことをまだ話していない…」と抜け駆けしたことを心配しつつ、「佐賀を代表するB級グルメに育てたい」と意気込んだ。

 関東では今川焼き、関西では回転焼きのような形をしているが、中身にたこ焼きチーズ、ベーコンエッグ、ピザ、唐揚げなどの“おかず”具材が入っているのが特徴のカルチャー焼は、「何でも入れていいという、雑な感じの食べ物なんだけど、すごくおいしい」とはなわ。はなわプロデュースのカルチャー焼は佐賀県産の米粉100%の生地を使用し、キーマカレー、ハムたまご、カルチャーカップアイス、はなわ考案のお好み焼き風の4種類。1個180円で販売する。

 恵比寿駅西口近く、駒沢通り沿いの『居酒屋和顔』の店主が佐賀県出身で、店先のスペースを提供。期間限定で7月31日までの営業となる。はなわは「東京で成功したら、佐賀でカルチャー焼の店を出したい。遊び歩いた白山商店街とか、今、活気がないので。佐賀をどがんかせんばいかん」と青写真を描いた。

 映画『ソフトボーイ』は佐賀県立牛津高校での実話をベースに、高校生活最後の夏休みに全国大会を目指してソフトボールに熱中した男子高生たちを描いた青春エンターテインメント。佐賀県内各所で撮影が行われ、劇中で部員たちが部室のように使っていたカルチャー焼店『オックスフォード』は実在する地元の有名店。永山絢斗賀来賢人らが出演。6月19日(土)より全国公開。


 はなわ



関連写真

  • 『佐賀名物 はなわのカルチャー焼き本舗』がオープン、はなわが会見で意気込み (C)ORICON DD inc. 
  • 『佐賀名物 はなわのカルチャー焼き本舗』がオープン、はなわ(中央)が会見で意気込み (C)ORICON DD inc. 
  • 『佐賀名物 はなわのカルチャー焼き本舗』がオープン、はなわが会見で意気込み (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019