ドラマ&映画 カテゴリ

3D映画、全米で市民権 最新作『ヒックとドラゴン』も初登場首位

米ボックスオフィスの推計に基づく3月26日(金)〜28日(日)の全米映画興行収入ランキングは、家族向け3Dアニメ『ヒックとドラゴン』(日本公開は8月7日)が、公開から3週連続1位を記録していた『アリス・イン・ワンダーランド』を抑えて、4330万ドル(約40億円)で初登場1位となった。同作は2D版と3D版が併映されているが、売上の68%を3D版が占め、全米では『カールじいさんの空飛ぶ家』、『アバター』、『アリス〜』と3D映画のヒットが続いている。ハリウッドの“次世代3D元年2009”宣言から1年。全米で3D映画は市民権を得たといえるだろう。

同作は、ひとりぼっちの少年“ヒック”と傷ついたドラゴン“トゥース”の秘密の出会...

この記事の画像

  • トゥース(ドラゴン)のかわいい表情が初解禁 (C) 2009 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. 
  • (C) 2009 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. 
  • (C) 2009 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. 
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索