ドラマ&映画 カテゴリ

第13回釜山国際映画祭(10月2日〜10月10日)のドキュメンタリー・コンペティション部門に出品されていた想田和弘監督の『精神』が、最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した。想田監督は「まったく期待していなかったので驚きましたが、大変光栄です。勇気を持って素顔で映画に出てくれた患者さんやスタッフの皆に感謝しています」とコメントしている。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索