• ホーム
  • 映画
  • M-1グランプリ、「結果発表はCMの後で!」瞬間視聴率39.7%

漫才のチャンピオンを決めるお笑いの祭典「M-1グランプリ」の注目度が高まっている。23日(日)に放送された今年の『M-1グランプリ』は、ビデオリサーチの調べ(関西地区・平均世帯視聴率)で、30.4%を記録した。ちなみに昨年は31.1%を記録しており、引き続き関西地区では30%を超える人気を示した形だ。なお、今年のグランプリは、敗者復活戦から再び決勝に進出したサンドウィッチマンが獲得。M-1グランプリ史上、初のケースとなり、審査結果への注目度も高まった。最高瞬間視聴率は、「結果発表はCMの後で!」と言った瞬間で、39.7%を記録。

「M-1グランプリ」は、漫才シーンを活性化させようと島田紳助が...

オリコントピックス