ポスト・コロナを見据えるかのように、ぴあアリーナMM(2020年オープン)、東京ガーデンシアター(同)、Kアリーナ横浜(23年秋オープン予定)と、新しいライブ会場が続々に開業、もしくは予定されている。いずれも、従来の同クラスの会場よりもアーティストとの距離感の近さや、客席からのステージの見やすさが大きな特徴となっている。コロナ禍でライブ・エンタテインメントが足踏みせざるを得なかった2年間に、会場、そしてライブ演出もさまざまな進化を遂げているようだ。■ライブ感を追求した音楽特化型アリーナ続々開業の理由

この記事の画像

  • ぴあアリーナMMにて開催された『PIA MUSIC COMPLEX 2021 -ぴあフェス-』(21年10月)
  • コロナ禍に開業した音楽特化型アリーナ・ぴあアリーナMM
  • ぴあ アリーナ事業創造部部長・鈴木悠太氏
  • 新しいライブ会場の共通点はアーティストとの距離感の近さ、客席からのステージの見やすさ
  • ぴあアリーナMMのデジタル寄せ書きサービス「PIA Message Wall “RENGA”」
  • メッセージBOOK『Music City YOKOHAMA』
タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索