ドラマ&映画 カテゴリ

伝説の女優・小川節子、約45年ぶりの復帰作『クレマチスの窓辺』公開決定 主演は瀬戸かほ

 『愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景 vol.1』などで女優としても活動するモデルの瀬戸かほが主演を務める映画『クレマチスの窓辺』が、ヒューマントラストシネマ渋谷(東京)ほか全国で順次公開されることが決定し、ポスタービジュアルが解禁となった。この映画には、1970年代の日活映画で活躍した伝説の女優・小川節子が出演しており、約45年ぶりの映画復帰作となる。

瀬戸かほ主演、映画『クレマチスの窓辺』2022年4月8日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開 (C)Route 9

瀬戸かほ主演、映画『クレマチスの窓辺』2022年4月8日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開 (C)Route 9

写真ページを見る

 島根県の風光明媚な場所でオールロケ撮影した日本発のヴァカンス映画。東京生まれ東京育ちの絵里(瀬戸)は、ストレスが溜まる都会での生活を抜け出して、地方の水辺の街でヴァカンスを過ごすことに。亡くなった祖母の古民家で暮らす1週間の中で、絵里はその街で生きている人々と交流する。建築家の従兄、そのフィアンセ、大学生の従妹、靴職人、古墳研究者、バックパッカーなど、一癖ある人ばかり。そんな出会いと祖母の遺したものたちが絵里を少しだけ変えていく――。

 主演を務めた瀬戸は「初めてこの台本を読んだ時、絵里の人生で忘れられない思い出になるであろうこのヴァカンスを彼女と一緒に過ごせることに喜びとワクワクが止まりませんでした。生活をお休みして、水辺の街へヴァカンス…正直かなり憧れがあって私も一度やってみたかったのです。撮影では、あの町でさまざまな人と出会い関わっていく中で、影響を受けて少しずつ変化していく絵里の心を一番大切にしてお芝居をしました」と、コメントしている。

 監督は、本作が劇場デビュー作となる永岡俊幸。「フランスのヴァカンス映画に憧れていて、日本でやるならどうすれば良いだろうと考えながら撮りました。ロケ地は僕の地元・島根県の松江市を選びました。美しい宍道湖畔の水辺の街で、ヴァカンスに相応しいと思ったからです」と、バックグラウンドを明かしている。

 共同脚本・編集も手がけており、「シナハンで街を散策している時に、時代の流れで変わっていくもの、なくなっていくものが多くあることを発見し、少しその要素を入れました。この映画の中にある風景も確実にいつかはなくなってしまうでしょう。ぜひ劇場で、クレマチスの花言葉“旅人の喜び”を感じてもらえると幸いです」と、作品に込めた思いを語っている。

 なお、主題歌は島根県出身のシンガーソングライター・山根万理奈が書下ろした「まどろみ」に決定している。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索