ドラマ&映画 カテゴリ

伊藤沙莉、11年ぶり月9で刑事役に初挑戦「しみる作品です」 主演・菅田将暉との奇縁も

 女優の伊藤沙莉が、2022年1月期のフジテレビ系“月9ドラマ”『ミステリと言う勿(なか)れ』(毎週月曜 後9:00)に出演し、刑事役に初挑戦することがわかった。『大切なことはすべて君が教えてくれた』以来、11年ぶり2度目の月9出演となる伊藤だが、今作の主演・菅田将暉と同作でも共演しているという奇縁もある2人が、再び月9で相まみえる。

【写真】その他の写真を見る


 原作は、月刊フラワーズ(小学館刊)で2016年に連載をスタートし、これまで既巻8巻を刊行、累計発行部数が800万部を突破している、田村由美氏による同名タイトルのコミック。菅田演じる主人公・久能整(くのう・ととのう)は、天然パーマにコンプレックスを持つ、友だちも彼女もひとりもいない、カレーをこよなく愛する大学生だが、社会で「当たり前のこと」として流されていることに常に疑問を持ち、とことん考え抜く性格で、膨大な知識と独自の価値観による持論をあざやかに展開する。たとえ周囲で何が起きていようとも、しゃべらずにはいられないため、「うざい、面倒くさい」と言われ続けて生きて来た青年だ。

 そんな整がある日、身に覚えのない殺人事件の容疑をかけられることに。そこで刑事たちから取り調べを受ける中、整は事件の裏に隠されたヒントや、刑事たちが抱えている悩みの存在に気づいていく。そして、特に「事件を解決したい」という思いはないまま、ただただ思いつくことをマイペースに話すうちに、いつのまにか事件の謎だけでなく、人の心まで解きほぐしてしまう。

 伊藤は、整を事件捜査に巻き込む新人刑事・風呂光聖子を演じる。もともとは強い信念を持って警察官になった風呂光だが、男社会の警察組織の中でいつまで経っても刑事として独り立ちできず、心が折れそうな日々を送っていた。一時は退職を考えていたが、とある事件をきっかけに整と出会い、その鋭い洞察力と観察力に強い感銘を受ける。そして整との出会いによって、警察官への自分の信念に改めて気づき、刑事として成長していく。

 今回の発表を受け、伊藤がコメントを寄せた。

■伊藤沙莉
私は刑事という役を演じたことがなくて、刑事だけでなく職業に就いている役をずっと演じたいと思っていたので、まずそれがシンプルにうれしかったです。風呂光はやる気はあるんですけど、最初は少しウジウジしたり、一歩踏み出せないところがあって“ハッキリしろよ!”と思われるみなさんもいらっしゃるんじゃないかな? でも、1話での整との出会いから、どんどん明るくなりますし、やりがい、生きがいも次々に見つけて行きます。あちこち必死に駆けずり回る風呂光はいじらしいというか、良い子だなと私は思うので、そんな姿を応援してください。

――菅田さんとの共演について

原作の絵として描かれている整もすてきなのですが、菅田さんが演じられることで“整という人間がそこにいる”というイメージになりますし、整に少し違う彩りが良い意味で加わっているのでさすがだなと思います。また、整の言葉は特に、ドラマをご覧になって救われる人や改めて考えさせられる方がたくさんいらっしゃると思います。そんなセリフの一言、一言を大切に聞いて、見ていただくと沁(し)みる作品です。もちろん、すべての事件がハッピーエンドにはなりませんが、ものの捉え方を少し変えることで視野が広がったり、心が豊かになると思いますので、そういう面を感じながら作品に寄り添っていただけたらうれしいです。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 菅田将暉、月9初主演で難役に挑戦 新感覚ミステリーで“しゃべり続ける大学生”「生き様に魅了された」
  2. 2. 伊藤沙莉、11年ぶり月9で刑事役に初挑戦「しみる作品です」 主演・菅田将暉との奇縁も

関連写真

  • “月9ドラマ”『ミステリと言う勿(なか)れ』で伊藤沙莉が刑事役に初挑戦(C)フジテレビ
  • “月9ドラマ”『ミステリと言う勿(なか)れ』(C)フジテレビ
  • “月9ドラマ”『ミステリと言う勿(なか)れ』(C)フジテレビ
  • “月9ドラマ”『ミステリと言う勿(なか)れ』で伊藤沙莉が刑事役に初挑戦(C)フジテレビ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索