ドラマ&映画 カテゴリ

6月11日より開催される、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2021』(〜6月21日)で、今年新設された「スマートフォン映画作品部門」の審査員に、池田エライザ(女優)、内田英治(映画監督)、マイク・プラント(サンダンス映画祭ショートフィルム部門シニアプログラマー)が決定した。 この新部門は、ソニーのサポートで、リエイターの表現の幅とチャレンジの機会をさらに広げ、スマートフォンならではの新しい映像クリエイティブの創出を目的としている。モバイルシューティングに対するクリエイターからの高い関心が集まり、SSFF&ASIAの新設部門として史上最多となる900点以上もの作品が世界中から寄せられた。その中から7ヶ国11作品がオンライン会場から配信される。

この記事の画像

  • 『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2021』スマートフォン映画作品部門の審査員(左から)池田エライザ、内田英治、マイク・プラント
  • 『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2021』オープニングトークイベント「Creators’ Junction 2021」6月12日午後6時30分からLIVE配信。登壇者(左から)内田英治、水野良樹、別所哲也
  • 『どうぞお先に(After You)』(フランス)=『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2021』スマートフォン映画作品部門ノミネート作品
  • 『悲闘(DUELO)』(メキシコ)=『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2021』スマートフォン映画作品部門ノミネート作品
  • 『ベッドの下の探検隊(Expedition Under my bed)』 (フランス)=『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2021』スマートフォン映画作品部門ノミネート作品
  • 『ホームメイドクッキー(Homemade Cookies)』(ギリシャ)=『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2021』スマートフォン映画作品部門ノミネート作品
  • 『私の家(Home Stream)』(イギリス)=『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2021』スマートフォン映画作品部門ノミネート作品

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索