ドラマ&映画 カテゴリ

のんが脚本・監督・主演を務める映画『Ribbon』(2022年公開)が、『第24回上海国際映画祭』の特別招待作品としてGALA部門に選出され、公式出品が決定した。『Ribbon』の上映は本映画祭が初となり、上海がワールドプレミアとなる。のんは上映前にビデオメッセージで登場する予定だ。 1993年に開始され、今年で24回目を迎える同映画祭は、国際映画製作者連盟の公認を受ける中国で唯一の国際映画祭であり、世界12大映画祭の一つに数えられるアジア最大規模の映画祭。世界中から集まった数千本の作品から例年500作品近くの映画が上映される中で、GALA部門に選出されるのはわずか数作品。本作への期待の高さが伺える。同映画祭は、2021年6月11日〜6月20日に開催。『Ribbon』は期間内に3回上映予定。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索