ドラマ&映画 カテゴリ

男の子の身体に生まれたけど、「わたしは女の子」。女の子になることを夢見ている、サシャ。さまざまな社会の壁に阻まれながらも、まだ幼く自分の身を守る術を持たない彼女の幸せを守るために奔走する母カリーヌと家族、サシャの“ゆずれない戦い”を取材した、フランスのドキュメンタリー『Little Girl』が、『リトル・ガール』の邦題で11月19日(金)に新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷(いずれも東京)ほかで劇場公開される。 サシャは2歳を過ぎた頃から自身の“性別の違和感”を訴えてきたが、学校では女の子としての登録が認められず、“男子”からも“女子”からも疎外、バレエ教室では男の子の衣装を着せられてしまうなど、社会は彼女をほかの子どもと同じように扱えずにいた。7歳になってもありのままに生きることができない、不自由なサシャ。家族は、そんな彼女の個性を支え、周囲に受け入れさせるため、学校や周囲へ働きかけるのだが…。

この記事の画像

  • 「わたしは女の子」と訴えるサシャ=ドキュメンタリー映画『リトル・ガール』(11月19日公開)
  • 一番<自分らしくいられる>洋服を着て庭で幸せそうにダンスするサシャ
  • バレエ教室で女の子用の衣装を着用させてもらえず、少し切なげに女の子たちを見つめるサシャ
  • 母カリーヌとサシャ=ドキュメンタリー映画『リトル・ガール』(11月19日公開)

タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索