ドラマ&映画 カテゴリ

2018年に劇場公開作として最大の話題を呼び、社会現象ともなった映画『カメラを止めるな!』(上田慎一郎監督)が、アカデミー賞受賞監督ミシェル・アザナヴィシウスの監督・脚本によりフランスで映画化されることが明らかになった。タイトルは『Final Cut』。4月19日よりパリ郊外で撮影がスタート、2022年公開を予定している。 『カメラを止めるな!』は上田監督の劇場長編デビュー作として、18年に都内のわずか2館で公開から始まった。和田亮一の舞台作品「GHOST IN THE BOX!」に上田監督がインスパイアされ、ENBUゼミナールで製作した本作は、有名人の出演もなく、ネタバレ厳禁の内容ながらも、その斬新で衝撃的な内容が映画ファンから高い評価を得て、連日満席が続出。その口コミがさらなる話題を呼び、公開劇場が続々拡大し、その規格外の人気は各メディアでもこぞって取り上げられ社会現象となった。最終的には、公開館数350館以上、動員数220万人超え、興行収入は31億円を突破するという異例の大ヒットを遂げた作品。

この記事の画像

  • 『カメラを止めるな!』がフランスでリメイク『Final Cut(原題)』2022年 全国公開予定
  • 『カメラを止めるな!』のリメイク『Final Cut(原題)』を手掛けるミシェル・アザナヴィシウス監督
  • 『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督
  • 『カメラを止めるな!』国内用ポスター
  • 『カメラを止めるな!』濱津隆之が監督役を演じた

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索