ドラマ&映画 カテゴリ

『クワイ河に虹をかけた男』(2016年)で旧日本軍の贖罪と和解に生涯を捧げた永瀬隆を20年にわたって取材し続けた満田康弘のライフワークともいうべき題材を取り上げた渾身の第2作、1944年のオーストラリアで起こった史上最多の集団捕虜脱走“カウラ事件”の真相に迫る『カウラは忘れない』が、本作製作の瀬戸内海放送の地元、岡山シネマ・クレールで7月2日から、香川ソレイユ・2で7月9日から先行ロードショーが決定。今夏、ポレポレ東中野ほか全国で順次公開される。ティザービジュアルに写っているのは、集団脱走を試みた捕虜たちが使っていたグローブだ。 太平洋戦争中の1944年8月、オーストラリアの田舎町カウラにあった捕虜収容所で近代戦史上最大といわれる捕虜脱走事件が起こった。日本人捕虜234人、オーストラリア人の監視兵ら4人が死亡。カウラ事件である。正確に言えば「脱走」ではない。日本人捕虜の目的は「死」だった。事件はなぜ起きたのか? 「戦陣訓」に象徴される「捕虜を恥」とする旧日本軍の教義、当時の日本の「空気」がその背景

この記事の画像

  • ドキュメンタリー映画『カウラは忘れない』2021年夏、ポレポレ東中野ほか全国で順次公開(C)瀬戸内海放送
  • 満田康弘監督
  • 製作の坂手洋二氏

タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索