アニメ&ゲーム カテゴリ

日本のみならず世界中の観客を魅了し続けてきたアニメーション映画監督・細田守。『時をかける少女』(2006年)、『サマーウォーズ』(09年)、『おおかみこどもの雨と雪』(12年)、『バケモノの子』(15年)、そして、『未来のミライ』(18年)。過去作すべてが日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、『未来のミライ』ではアニー賞受賞に米国アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされた。そんな細田監督の最新作『竜とそばかすの姫』(7月公開予定)で、前代未聞のエキストラ募集を行うことが明らかとなった。 最新作は、これまで細田監督が『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』 (2000年) 、そして代表作『サマーウォーズ』 と、約10年に1度描いてきたインターネットの世界を舞台に、『時をかける少女』以来となる10代の女子高生を主人公に、世界の片隅で自分を失ってしまった少女が開く新しい扉、未知との遭遇、そして成長していく姿を、細田監督ならではのリアル×ファンタジーを通じ描き出す。スタジオ地図創立10周年を迎え、“ずっと創りたいと思っていた映画”と監督が語る、まさに“細田守集大成”ともいえるダイナミックな一大エンターテインメント作品だ。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索