ドラマ&映画 カテゴリ

“自閉症”とされる人たちの世界は、“普通”と言われる人たちと、どう違うのか? 世界各地の5人の自閉症の少年少女たちの姿やその家族たちの証言を通して追い、明らかにしていくドキュメンタリー映画『僕が跳びはねる理由』が、4月2日より全国で順次公開される。 この映画の原作としてクレジットされているのが、会話のできない自閉症という障害を抱える作家・東田直樹氏がわずか13歳の時に執筆した『自閉症の僕が跳びはねる理由』(エスコアール、角川文庫、角川つばさ文庫)。今まで理解されにくかった自閉症者の内面の感情や思考、記憶を分かりやすい言葉で伝えた内容が大きな注目と感動を呼び、30ヶ国以上で出版、現在117万部を超える世界的ベストセラーとなっている。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索