氷川きよし、デビュー当時の写真公開「菅田将暉かと」「変わらずお美しい」

 歌手の氷川きよし(43)が2日、自身のインスタグラムを更新。デビュー当時の写真を公開した。

氷川きよし  photo:厚地健太郎(C)oricon ME inc.

氷川きよし  photo:厚地健太郎(C)oricon ME inc.

写真ページを見る

 「今日2月2日私デビューから22年目に突入しました!皆様本当にありがとうございます!」と報告し、21年前の自身の写真をアップ。黒のスーツに身を包んだ氷川が、初々しい表情でカメラを見つめる1枚となっている。

 当時について氷川は「2000年2月2日は自宅にいて翌日はレコード会社でコツコツサイン書きしてました」と振り返り、「それから10ヶ月でNHK紅白歌合戦。1999年までアルバイトをして働いていたのに一年後はまるで夢物語の主人公のような気持ちでした」と懐かしんだ。

 「これからもますます愛する歌を歌ってまいります」と気持ちを新たにし、「引き続きよろしくお願い申し上げます」と呼びかけた。

 この投稿にSNS上では「デビュー記念日おめでとう」「かっっっっっっっっっわ」「どこまでも果てしなくついていくよー!」「菅田将暉かと思ったー!!!!! 氷川きよしことkiiちゃん、マジ顔いいな」「菅田将暉みたい!って思っちゃった 変わらずお美しいですなぁ…」などの声があがっている。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索