ドラマ&映画 カテゴリ

堤幸彦監督、新作映画『Truth(仮)』を発表 「精子バンク」と「女の本音」がテーマ

 人気シリーズ『トリック』や『20世紀少年』、映画『十二人の死にたい子どもたち』(2019年)などで知られる堤幸彦監督が、新作映画『Truth(仮)』を製作することが9日、発表になった。テーマは「精子バンク」と「女の本音」で、広山詞葉、福宮あやの、河野知美のほか、佐藤二朗が特別出演する。

【写真】その他の写真を見る


 本作の企画は、新型コロナウイルスの影響で、広山が発起人となり予定していた撮影や舞台が、延期や中止になった俳優仲間に声をかけたことが始まり。文化庁の「文化芸術活動の継続支援事業」の申請締切日前日から始まった熱意が伝わり、堤監督がメガホンを取ることになった。

 とある男が事故死し、葬儀が終わった夜、都内の一等地にある男のアトリエに3人の喪服の女が現れる。「あなた誰!?」「私、彼と付き合っていたんですけど」「私も!」と子持ちのシングルマザー・マロン(福宮)、美ぼうの受付嬢・真弓(広山)、女医・さな(河野)。まったく違うタイプの3人の女は、3年前から同時に男と付き合っていたことが判明する。女たちは、泣き叫び、罵り合い、殴り、そして語り合う。やがて、女たちがたどり着く男の真実(TRUTH)が描かれる。

 堤監督は「コロナ状況であるとか、前期高齢者になったとか、自主映画であるとか、そんなことではなく、撮りたい脚本と役者の尋常ならざる熱意がそこにあって、必要にて最小限のチームで、まるで“見えざる手”に引っ張られるように、経験できなかった衝動的な学生映画のように、この作品を撮ってしまった。しかしそれこそが“映画を創る”という行為なのだ!あらためてその実感を得た私は、また、前に進めるのだ」とコメントを寄せた。

関連写真

  • 堤幸彦監督の新作映画『Truth(仮)』より (C)ハラダケイコ
  • 堤幸彦監督
  • 堤幸彦監督の新作映画『Truth(仮)』より (C)ハラダケイコ
  • 堤幸彦監督の新作映画『Truth(仮)』より (C)ハラダケイコ
  • 堤幸彦監督の新作映画『Truth(仮)』より (C)ハラダケイコ
  • 堤幸彦監督の新作映画『Truth(仮)』より (C)ハラダケイコ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索