欅坂46、5年間の活動に幕…櫻坂46が新曲初披露でサプライズ始動

アイドルグループ・欅坂46が13日、無観客配信ライブ『欅坂46 THE LAST LIVE』を行い、前日は17曲、この日は15曲を披露した。ラスト1曲を残してのあいさつを除いては、2日間にわたってライブ中のMCはなし。全身全霊のパフォーマンスだけで想いを伝える欅坂46らしいライブで2015年8月の結成から5年間の活動に終止符を打った。エンディング映像後には、新名称「櫻坂46」の1stシングル「Nobody's fault」を森田ひかるセンターで初披露しファンを驚かせた。

『THE LAST LIVE』は12・13日の2日間にわたって行われ、1曲を除いて異なるセットリストが組まれた...

この記事の画像

  • 欅坂46としての5年間の活動に終止符を打った『欅坂46 THE LAST LIVE』の模様 Photo by 上山陽介
  • 『欅坂46 THE LAST LIVE』初日に「不協和音」のセンターを務めたキャプテンの菅井友香 Photo by 上山陽介
  • 『欅坂46 THE LAST LIVE』2日目ラストに櫻坂46 1stシングル「Nobody's fault」を初披露するサプライズも Photo by 上山陽介
  • 『欅坂46 THE LAST LIVE』2日目ラストに櫻坂46 1stシングル「Nobody's fault」を初披露するサプライズも Photo by 上山陽介
  • 『欅坂46 THE LAST LIVE』2日目ラストに櫻坂46 1stシングル「Nobody's fault」を初披露するサプライズも Photo by 上山陽介
  • 『欅坂46 THE LAST LIVE』2日目ラストに櫻坂46 1stシングル「Nobody's fault」を初披露するサプライズも Photo by 上山陽介
  • 『欅坂46 THE LAST LIVE』初日より Photo by 上山陽介

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索