ドラマ&映画 カテゴリ

NHKの連続テレビ小説『エール』(月〜土 前8:00 総合ほか※土曜は1週間の振り返り)。人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田正孝)と妻・音(二階堂ふみ)の物語は、いよいよ戦争の時代へ。第15週「先生のうた」(第70回〜第75回:9月21日〜9月25日)では、さまざまな「先生」が描かれた。

昭和12年。日中戦争が勃発。世の中に戦時色が漂いはじめるが、多くの国民の暮らしに大きな影響はなかった。ある日、裕一は新聞の公募で入選した「露営の歌」の歌詞を見かけ、作曲する。...

この記事の画像

  • 連続テレビ小説『エール』第15週・第74回より。恩師・藤堂先生(森山直太朗)の出征に複雑な気持ちになる裕一(窪田正孝)たち (C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第15週・第71回より。裕一が買ったオルガンで音楽教室を始めた音(二階堂ふみ) (C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第15週・第73回より。小山田先生(志村けん)が久々に登場(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第15週・第71回より。「露営の歌」の大ヒットで一躍人気作曲家となる裕一(窪田正孝) (C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第15週・第71回より。吟(松井玲奈)の夫の智彦(奥野瑛太)から映画「暁に祈る」の主題歌制作を依頼される(C)NHK

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索