「バラエティー番組なら出たい」 清春、丸くなっても媚びない50代の気概

1994年に黒夢のフロントマンとしてデビューし、社会や音楽界への批判をむき出しの言葉を歌いカリスマ的人気を得た清春。99年に黒夢が無期限活動休止となって以降も、sadsやソロでの活躍など、長きにわたって激動の音楽シーンを歩んできた。現在51歳を迎えたが、今年3月20日にフジテレビ系『ダウンタウンなう』へ突如出演。若き日のイメージを一新する激甘パパぶりを明かし、驚きとともに、その変貌がまたカッコイイとSNSで声が寄せられた。放送直後の清春に話を聞くと、柔らかい物腰で淡々と語りつつも、ロックを体現してきた誇りと大衆に媚びない姿勢は今も貫かれていた。

■バラエテ...

この記事の画像

  • 清春(撮影:前澤亮介) (C)ORICON NewS inc.
  • 清春(撮影:前澤亮介) (C)ORICON NewS inc.
  • 清春(撮影:前澤亮介) (C)ORICON NewS inc.
  • 清春(撮影:前澤亮介) (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索