韻シストBAND、「パパはブルースマン」MV公開 緩いアニメーションで楽曲の世界観を表現

 韻シストBANDが8日、新作EP『RAIN』に収録している「パパはブルースマン」のミュージックビデオ(MV)を公開した。

 韻シストBANDは、Shyoudog(B&Vo)、TAKU(G&Cho)、TAROW-ONE(Dr)で編成。新作EPは、2019年8月に韻シストがリリースしたEP『SHINE』から、2020年秋にリリースを予定しているアルバム『HARVEST』に繋がる“韻シスト3部作”の1つとして位置付けられている。

 ブルースは元々19世紀後半にアメリカ南部のアフリカ系アメリカ人から生まれた悲哀や孤独、哀愁を歌った音楽。本楽曲はそれを現代に置き換え、外では最高に格好良いブルースマンが、家ではママに全く頭が上がらないというパパの悲哀をユーモアたっぷりに表現した作品に仕上がっている。

 MVにメンバーは登場していないが、緩いアニメーションで描かれた世界観はまさに曲のイメージそのもの。世の中の大部分のパパ達は間違いなく苦笑し、そして涙してしまうような共感度抜群のMVとなっている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 「パパはブルースマン」のMVを公開した韻シストBAND
  • 韻シストBANDの新作EP『RAIN』ジャケット写真

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索