ドラマ&映画 カテゴリ

崎山蒼志、ドラマ初主演&オリジナル曲が主題歌に「感謝感謝」

 シンガー・ソングライターの崎山蒼志(17)が、14日にTOKYO MXで放送されるドラマ『スイーツ食って何が悪い!』(後11:30)で、ドラマ初主演を果たす。主題歌には崎山の1枚目のアルバム『いつかみた国』から「塔と海」が起用される。

【写真】その他の写真を見る


 崎山が演じるのは、無駄と失敗を恐れ、時間に支配され、自分で自分の枠に閉じこもってしまっている角田という役どころ。「初ドラマにて初演技をしました…! 拙(つたな)い私にドラマの出演者の皆さん、スタッフの皆さんや監督がとても優しくて感謝感謝の中、非常に貴重な経験ができました。私が演じた役である角田くんに自分自身共感する部分も多かったため、緊張感を持ちながらも楽しく演技できた気がします。1月14日、よろしくお願いします…!」と、コメントしている。

 物語は、予備校で、それぞれに問題を抱えたアオ(倉悠貴)、佐々木(渡辺佑太朗)と出会い、ひょんなことからスイーツ店に入り、スイーツ(好きなもの、おいしいもの)をシェアする喜びを通して自分の殻から解放され、“自分らしくいられることに向き合う”青春ドラマ。脚本・監督は、『少女邂逅』や、ファッション雑誌「装苑」(文化出版局)などでのスチール撮影も手掛ける枝優花氏。

 枝監督は「4年ほど前、友人から『すごい中学生がいる』と教えてもらい、そこから密かにyoutubeで追っていました。個人的には、満を持してという想いです。普段とは違う、崎山蒼志の魅力を作品に込められたと思います。ぜひご覧になっていただきたいです」と、猛プッシュしている。

関連写真

  • シンガー・ソングライターの崎山蒼志がドラマ初主演。『スイーツ食って何が悪い!』1月14日、TOKYO MXで放送(C)ソニー・ミュージックエンタテインメント(C)2020「スイーツ食って何が悪い!」
  • 『スイーツ食って何が悪い!』1月14日、TOKYO MXで放送(左から)崎山蒼志、倉悠貴、渡辺佑太朗(C)ソニー・ミュージックエンタテインメント(C)2020「スイーツ食って何が悪い!」
  • 『スイーツ食って何が悪い!』1月14日、TOKYO MXで放送(左から)崎山蒼志、倉悠貴、渡辺佑太朗(C)ソニー・ミュージックエンタテインメント(C)2020「スイーツ食って何が悪い!」
  • シンガー・ソングライターの崎山蒼志

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索