椎名林檎の一夜限定バンド、『Mステ』で「群青日和」熱演 Vo.アイナ・ジ・エンド「5回ほど聞き直した」

『ミュージックステーション35周年記念4時間スペシャル』に出演した椎名林檎

『ミュージックステーション35周年記念4時間スペシャル』に出演した椎名林檎

写真ページを見る

 椎名林檎がメンバーを厳選した一夜限りの女性バンド・Elopersが15日、テレビ朝日系で15日に放送される『ミュージックステーション35周年記念4時間スペシャル』(後6:00〜9:48)に出演し、東京事変のデビュー曲「群青日和」を演奏した。

 椎名がこの日の放送のために結成したElopersには、ボーカルにアイナ・ジ・エンドBiSH)、ギターにユウ(チリヌルヲワカ)、ベースに関根史織Base Ball Bear)、ドラムにほな・いこかゲスの極み乙女。)を迎え、椎名もギターで参加した。

 タモリから「林檎ちゃん、どうやってメンバー決めたんですか?」と質問された椎名は「もう好き、好きな人にこの機会を利用してお集まりいただいたという感じです」と語り、特に、ボーカルのアイナ・ジ・エンドのことは『Mステ』の共演がきっかけで“勧誘”したといい、「まさにここで、生声を拝聴した際はびっくりしました」と振り返った。

 アイナは「5回ほど、本当に林檎さんが私を推してくださっているのですか?と聞き直しました。びっくりです、今もびっくりしています」と照れ笑い。椎名は「大人げない8ビートになると思うのでお聞きいただきたいと思います」と呼びかけると、アイナに向けて「誰よりも早く駆け抜けましょう」と伝え、アイナも「はい」と応じた。

 椎名はギタリストに徹し、豪華演奏陣をバックにアイナが「群青日和」を熱唱。SNSでは「メンバー最高すぎる」「群青日和、ぞくぞくした」「この群青日和は… またすごいね…」と感嘆の声が続々。「林檎さんがギターのみという贅沢さよ」「林檎さん楽しそうにギター弾いてたなぁ」「アイナの群青日和めっちゃカッコイイ〜」「ユウのギターソロやばかった」「関根さんベースがゴリゴリしてて良き」「いこかさん、めちゃくちゃセクシー」とそれぞれのファンも歓喜した。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索