• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 「運動経験が全くなくても、変わることができた」 31歳の“博多美人”が美ボディ大会準優勝

「運動経験が全くなくても、変わることができた」 31歳の“博多美人”が美ボディ大会準優勝

 今年新たに発足したボディメイクコンテスト「Super Body Contest(以下SBC)」のTOKYO FINAL大会が先ごろ、東京・ベルサール渋谷ガーデンで開催された。SBCは、フィットネスで磨かれた肉体美や健康美を競い合うだけでなく、才能を感じた選手には芸能活動のサポートを行うなど、オーディションとしての側面も併せ持つ大会となっている。

【写真】その他の写真を見る


 初開催となる今年は、8月から11月にかけて東京、名古屋、大阪、福岡、横浜、千葉、京都の7ヵ所で予選大会を開催。TOKYO FINAL大会には、予選を勝ち抜いた110名の美ボディ自慢が集結し、男女別、年齢別に分かれて、日本一の座を競い合った。

 女性部門には45名の美筋美女がエントリー。なかでも、客席からひときわ大きな声援を送られていたのが、26〜35歳が出場できる「ELEGANTクラス」で2位に入賞した時任美帆さんだ。

 東京で今年7月からパーソナルトレーナーを始めたばかりの時任さんは、現在31歳。フリーポーズでは、自慢のくびれを強調するポージングを披露していたが、時任さんによると、トレーニングを開始したのは、20代後半になってからだという。

「パーソナルトレーナーになる前は、福岡でタレント活動をしつつ、スポーツウエアのお店で働いていたんです。その時、ボディコンテストに出場している男の子が働き始めて…。『かっこいいな。いつか自分も出てみたい』と思ったのがきっかけで、ジム通いを始めました」

 それまで「運動経験が全くなかった」という時任さん。コンテストに憧れてジム通いを始めたものの、何をすればいいのか分からず、行ったり行かなかったりする状態が1〜2年続いたそうだ。

「それでも『大会に出たい』という夢を捨てきれずにいたら、3年前にあるトレーナーさんに出会って。そのトレーナーさんのもとでトレーニングを始めたら、みるみる体が変わってきたんです。メリハリもなくて平らな体だったのが、くびれもできたし、お尻もキュッと上がってきて。それで(筋トレに)ハマっちゃいましたね」

 以来、地道に筋トレを積み重ね、昨年「ベストボディ・ジャパン(以下BBJ)」で念願のコンテストデビューを果たした時任さん。「デビュー戦にもかかわらず、BBJの日本大会でトップ10まで残ることができたのは、私にとってすごくうれしい結果でした」と当時を振り返る。

「ジムで本格的なトレーニングをするのは週に3回くらい。ゴムバンドを使ったお尻のトレーニングは毎日、腹筋も時間があったらするようにしています。最近は、友達から『私もトレーニング始めてみたい』といったメッセージが届くので、それがすごく励みになりますね。今日も、福岡の友人や会社の人達が大勢応援に駆けつけてくれて…。頑張っている姿が伝わっていたらいいなと思います」

 そんな時任さんの今後の目標は、肩の強化と、お尻をもっと大きくすることだ。「今はボディメイクが楽しいので、もっともっと自分を磨いて、コンテストにもどんどんチャレンジしていきたい。運動を全くしていなかった私のような人間でも、(筋トレを)続けたら変わることができたので。興味がある人は、気軽に始めてみてくださいね」

関連写真

  • 『Super Body Contest TOKYO FINAL』ELEGANTクラス2位・時任美帆さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『Super Body Contest TOKYO FINAL』ELEGANTクラス2位・時任美帆さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『Super Body Contest TOKYO FINAL』ELEGANTクラス2位・時任美帆さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『Super Body Contest TOKYO FINAL』ELEGANTクラス2位・時任美帆さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『Super Body Contest TOKYO FINAL』ELEGANTクラス2位・時任美帆さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『Super Body Contest TOKYO FINAL』ELEGANTクラス2位・時任美帆さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス

 を検索