アニメ&ゲーム カテゴリ

訪れてみたい日本のアニメ聖地 2020年版に『バンドリ』&『ラブライブ!サンシャイン!!』聖地が追加

 アニメゆかりの地を観光資源として活用することを目指す「アニメツーリズム協会」による『訪れてみたい日本のアニメ聖地88』の2020年版が29日、発表された。同日に都内で発表会も行われ、協会会長で世界的アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズの生みの親である富野由悠季氏が出席した。

【写真】その他の写真を見る


 『訪れてみたい日本のアニメ聖地88』は国内外のアニメファンが投票し、同協会によって選定される。今回は約8万票の投票があり、2020年に新しく選ばれたのは北から順に『ラブライブ!サンシャイン!!』の北海道函館市、『フライングベイビーズ』の福島県いわき市、『BanG Dream!』(バンドリ!)の東京都・都電荒川線早稲田駅近辺、『さらざんまい』の東京都台東区。

 『ゲゲゲの鬼太郎』の東京都調布市、『Just Because!』の神奈川県藤沢市、『ガーリー・エアフォース』の石川県小松市、『八十亀ちゃんかんさつにっき』の愛知県名古屋市、『ゲゲゲの鬼太郎』の鳥取県境港市、『からかい上手の高木さん2』の香川県土庄町、『博多明太!ぴりからこちゃん』の福岡県福岡市、『色づく世界の明日から』の長崎県長崎市の12ヶ所だった。

 日本のアニメファンで、日中アニメイベントの司会などを務める中国人インフルエンサーのランランビンも登場。司会はニッポン放送の吉田尚記アナウンサーが務めた。

関連写真

  • 『訪れてみたい日本のアニメ聖地88』発表会の参加者 (C)ORICON NewS inc.
  • 『訪れてみたい日本のアニメ聖地88』発表会に出席したランランビン (C)ORICON NewS inc.
  • 『訪れてみたい日本のアニメ聖地88』発表会に出席した吉田尚記 (C)ORICON NewS inc.
  • 『訪れてみたい日本のアニメ聖地88』発表会に出席した富野由悠季 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス

 を検索