『PRODUCE 101 JAPAN』デビュー前のパフォーマンス動画、公開1日で100万回再生突破

 韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された、視聴者がアイドルのデビューメンバーを選抜する人気オーディション番組『PRODUCE 101』。その日本版となるボーイズグループメンバーを決める“サバイバル”オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』の練習生が歌う番組主題歌「ツカメ〜It’s Coming〜』のパフォーマンス動画が3日に公開され、わずか1日で、YouTube動画再生回数100万回を突破した。

【写真】その他の写真を見る


 日本版では、約6000人の中から書類・実技の選考を経て、選ばれた合格者101人が“練習生”となり、歌やダンスなどを披露し、さまざまなミッションに挑戦する。し烈な競争を勝ち抜いた11人を最後に選出し、2020年にボーイズグループとしてデビューが確約されている。

 すべての過程は、“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者による国民投票で行われる。今回公開された主題歌は、101人の練習生が夢へと向かう“旅”を表現。EDMの代表格「Big Room House」系のサウンドをベースに、ダイナミックなパーカッションと強いシンスリーフが印象的で、101人がレコーディングに参加した楽曲となっている。

 公開直後から熱い反応があり、大きな盛り上がりとなった。Twitterトレンドでも『PRODUCE 101 JAPAN』関連が1位を獲得。さらにパフォーマンス動画はYouTube急上昇1位となった。日本以外でも、韓国のTwitterで『PRODUCE 101 JAPAN』がトレンド1位、中国版TwitterのWeiboでも『日本版PRODUCE 101テーマ曲』がランクインするなど大きな反響となった。

 同番組はTBS系列で25日から放送(毎週水曜 深0:01〜1:00 全12話)、無料動画配信サービス『GYAO!』で26日から配信されることが決まっている。

関連写真

  • 『PRODUCE 101 JAPAN』練習生
  • 『PRODUCE 101 JAPAN』のポスター
  • 『PRODUCE101 JAPAN』練習生
  • 『PRODUCE101 JAPAN』練習生

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索