ドラマ&映画 カテゴリ

菅田将暉&仲野太賀、破天荒な16歳・YOSHIとの初対面で絶句「この才能を活かすも殺すも俺ら次第」

 俳優の菅田将暉(26)と仲野太賀(26)が26日、都内で行われた映画『タロウのバカ』(9月6日公開)の完成披露上映会に出席。同作で主演を務めた新人のYOSHI(16)に対し、大人としてどう接するのかを2人で話し合ったことを菅田が明かし「現場は太賀、プライベートは俺で」と、今まで経験のなかった撮影期間を振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、『第42回日本アカデミー賞』で主演の黒木華が優秀主演女優賞、樹木希林さんが優秀助演女優賞を受賞した『日日是好日』(2018年)のメガホンをとった大森立嗣監督のオリジナル脚本による最新作。主人公・タロウ(YOSHI)と高校生のエージ(菅田)とスギオ(仲野)の少年3人が10代の特殊な時間をもがきながらも疾走する姿が描かれている。

 初めてYOSHIと会ったときは「絶句した」と話した菅田と仲野。菅田は「この1年ですごく大人になりましたよ。洋服着てますもん。ずっと裸だったし、新人類ですよ」と笑いながら紹介。仲野も「初めて会った時に『太賀でしょ? 知ってるよ! 何回か見たことある! よろしくね』って言われたんですよ」と苦笑しながら回想した。

 続けて菅田は「この才能を活かすも殺すも俺ら次第だなと。放っておいたら事故になるのは目に見えているし、そんなんで彼の未来が失われるのはもったいないと。こんなこと初めて考えましたけどね」とし「それで大森さんの映画を俺の家で観たんです」と明かした。仲野も「だんだん映画に集中していって、吸い込まれていくのが新鮮でした」と笑っていた。

 YOSHIを抜てきした理由について大森監督(48)は「『14歳 有名人』でグーグルで調べて、YOSHIがいたんです」と明かし「YOSHIを迎え入れることは、我々が逆に問われているんだろうと。彼をつまらなくさせてしまったら俺たちが悪いんだと思ってやりましたね」と話していた。

 そのYOSHI本人は「俺はモデルをやってるんですけど、突然(オファーが)きて、まずお母さんで次に俺のとこにきて、それでたっちゃん(大森監督)に会いに行って」と出演が決まっていったことを明かした。撮影に関しては「順調だったよ。『たっちゃん! 終わったらゲーセン行こう!』って行って、焼き肉も行ったり最高でしたね。今のほうが緊張してます」とゲラゲラすると、菅田からは「お前と生きていくのは大変なんだよ!」と強烈なツッコミも入り、会場が笑いに包まれた。

 それでも最後にYOSHIは「今の若者は欲がない! 俺はレトロな気持ちを持っているし、映画を観てあのころをフラッシュバックしてほしい。賛否両論のある映画だと思うけど、このマンネリ化した世の中で、人間の欲を丸出しにした作品だと思う」と初主演作の見どころを熱弁していた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 映画『タロウのバカ』完成披露上映会に出席した(左から)菅田将暉、YOSHI、仲野太賀 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『タロウのバカ』完成披露上映会に出席した(左から)大森立嗣監督、菅田将暉、YOSHI、仲野太賀 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『タロウのバカ』完成披露上映会に出席したYOSHI (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『タロウのバカ』完成披露上映会に出席した菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『タロウのバカ』完成披露上映会に出席した仲野太賀 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『タロウのバカ』完成披露上映会に出席した菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『タロウのバカ』完成披露上映会に出席した菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索