ドラマ&映画 カテゴリ

映画 『マリッジ・ストーリー』男目線と女目線、2つの予告編

 Netflix オリジナル映画『マリッジ・ストーリー』(今冬世界同時配信予定)の予告編が2本解禁された。スカーレット・ヨハンソンアダム・ドライバーが演じる夫婦の結婚生活への葛藤と離婚をめぐる物語。公開された2本の予告編は、男性目線、女性目線それぞれで描かれており、ビジュアルも象徴的なものになっている。

 3年連続ゴールデングローブ賞ノミネートのスカーレット・ヨハンソンが、妻で女優のニコール役。「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバーが、夫で監督兼脚本家のチャーリー役を演じる。

 うまく行かずにすれ違う2人は円満な協議離婚を望んでいたが、これまで閉じ込めてきた互いに対する積年の憤りが露わになって衝突、離婚弁護士を雇って争うことになる。決別するのか? それとも新しい関係を模索するのか? 大きな選択を迫られる。

 予告編は、夫チャーリーから妻ニコールへ、そして妻ニコールから夫チャーリーへ、それぞれの目線から“相手の好きなところ”を語ったもの。映像では、仲睦まじい家族の姿があり、2人の様子は離婚とは程遠いように見えるが、やがて次第に口論が続き、気まずい空気が2人の間に流れ始めて…。ひとつの物語が多面的に展開していく斬新な予告編となっている。

 併せて解禁された2枚のビジュアルも、ニコールのシルエットにはロサンゼルスの景色が、そして、チャーリーのシルエットにはニューヨークの景色があり、2人の気持ちのすれ違いを想起させている。

 共演は、ローラ・ダーン、アラン・アルダ、レイ・リオッタなど。監督と脚本は、『イカとクジラ』でアカデミー賞ノミネート経験を持ち、独自の作風で映画ファンの人気も高いノア・バームバック。音楽は、「トイ・ストーリー」シリーズなど、グラミー賞のみならず、アカデミー賞やエミー賞の常連でもあるランディ・ニューマンが担当する。

 Netflixでの配信に先駆け、『第76回ヴェネツィア国際映画祭』コンペティション
部門への正式出品、『第44回トロント国際映画祭』スペシャルプレゼンテーション部門、『第57回ニューヨーク映画祭』センターピース作品に選出されるなど、話題をさらっている。

■『マリッジ・ストーリー』予告編(チャーリーのいいところ編)https://youtu.be/qX231AKYj0Y

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索