• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 嵐・櫻井翔、ジャニーさんを追悼「人生を変えてくれた方」 仕事で家族葬参列できずも見送りはかなう

嵐・櫻井翔、ジャニーさんを追悼「人生を変えてくれた方」 仕事で家族葬参列できずも見送りはかなう

 人気グループ・櫻井翔(37)が15日、月曜キャスターを務める日本テレビ系『news zero』(月〜木、後11:00 金曜、後11:30)に生出演。9日に87歳で亡くなったジャニーズ事務所代表取締役社長のジャニー喜多川さんを追悼した。

 番組で12日に行われたジャニーさんの家族葬の話題が放送された。VTRを受けて櫻井は家族葬に仕事の都合で参列できなかったが「その後、先輩方、後輩と共に最後に社長を見送ることはできました」と別れの瞬間には立ち会えたという。

 その後、ジャニーさんについて「人生、そのときに描いていた未来を変えてくれた方」と話す。タイミングは2つあった。1つは13歳のころ。「1995年の10月22日の日曜日でした。オーディションの会場に行った。100人近く人がいたんですけど、パイプ椅子を一通り並べ終えるとグレーの服を着た男性が振り返ると『私がジャニーです』と。オーディションを私1人で行っていたのでポカンとしましたけど、周りの子たちとご家族は『えー』と。ざわざわ、ざわざわ、と」と初対面を思い返した。「結果として、その100人近い人の中から私を見つけてもらったのが、この世界に身を置く、1番最初のきっかけ」とターニングポイントを語った。

 もう1つは高校3年のころ。「99年6月。下北沢の駅に向かって歩いているとき、携帯電話かPHSが鳴って、見たら社長からだった。出たら『You、ワールドカップバレーのイメージキャラクターやらないの?』って言われた。そのとき、期間限定のユニットだと思っていた。結果、その電話から20年経って、今、まさにここに立っている」と嵐結成時を口にした。

 最後は「100人近い人の中から僕を見つけてもらい、何十人といるジャニーズJr.の中から嵐として選んでもらった。本当に未来、人生を変えてもらった人。感謝の思いでいっぱいです」とジャニーさんの存在の大きさを語っていた。

 家族葬では明るくお別れをした。普段は接する機会の少ない先輩、後輩が一堂に会した。「みんな、ホントに悲しさ、寂しさは胸にあるんですけど場の空気は朗らかで明るい会。最後に社長が、みんなが集まって、みんなでいろんな思い出話をできるステキなシチュエーションを作ってくれたんだな、と改めて思いました」と故人を偲んでいた。

 6月18日に解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため自宅で倒れ、 闘病中だったジャニー喜多川さん。 3週間の闘病の末、 7月9日に87歳で亡くなった。同事務所は「これまでお世話になりました皆様にはお別れいただく機会をご用意する予定にしておりますので、決定次第、ご案内申し上げます」としている。

 12日には家族葬をジャニーズアイランドの稽古場で執り行い、「ジャニーは、自身の子供のような存在でございますタレント達と最後のお別れをいたしました」と公式サイトで報告。式は国分太一(TOKIO)と井ノ原快彦(V6)が司会を務め、東山紀之(少年隊)、橋優斗(HiHi Jets)、堂本光一(KinKi Kids)が感謝の気持ちをつなぎ、最後に近藤真彦がその思いをつづった。

オリコントピックス

 を検索