『24時間テレビ』駅伝ランナーにいとうあさこ&ガンバレよしこ【コメント全文】

 日本テレビ系で8月24・25日に放送される『24時間テレビ42 人と人~ともに新たな時代へ~』で、恒例の「チャリティーマラソン」が今年は4人がタスキをつなぐ駅伝方式で行われ、ランナーはいとうあさこ(49)、ガンバレルーヤのよしこ(28)に決定した。14日放送の同局『世界の果てまでイッテQ!』で発表された。残り2人は今後発表される。

【写真】この記事の写真を見る(全5枚)


 番組MCの内村光良から「今年は駅伝方式」「1人42.195kmを4人でつなぐ」「1人あたり大体6時間。信号があるから大体走ってる時間は5時間」と発表された。残り2人のランナーの名前を見たあさこは「正直心強いです。なんかいい仲間」と話すも、よしこは「いい仲間だけど、太ってません?1人」と不安をのぞかせた。

 ランナーに決定した2人のコメントは以下の通り。

・いとうあさこ
『24時間チャリティーランナーの“一人”に選ばれました』って内村さんから言われた時、何を言っているのかまったく意味が分からなかった(笑)。
未知のことすぎて『怖い』でも、『がんばろう』でもなく、ただただ「?」だった。でも、『もう一人発表します』って言われて、よしこ(ガンバレルーヤ)の顔を見た瞬間に、本当に理由が分かんないんですけど、涙が止まらなくなって。そこで『あ、ホントに走るんだ』っていう実感と『よしこがいるから頑張ろう』という気持ちがわいてきて。
そこで改めて内村さんから『やりますか?やりませんか?』と聞かれて、ようやくちゃんと『やります』と言えました。やりますか?やりませんか?なんて、『電波少年のやり口だな。それで無人島行ったな』って思い出しましたけど(笑)。
元々運動は好きなんですけど、短気なんで同じことをずっとやるのが嫌で。だから走ることに関しては完全に短距離走派だったんです。だから、このあいだ練習で7キロ走ったのが、人生で最長距離じゃないですか(笑)。
練習後にスタッフさんに『痛い箇所があったら、指さしてください』って言われたんですけど、両手じゃ足りなかったです(笑)。
(本番に向けて)今は、プレッシャーともワクワクとも違う気持ちです。ただ一緒に走る4人のつながりがパワーをくれている。その心強さをとても感じていますね。

・ガンバレルーヤ・よしこ
(サプライズロケで)内村さんから『よしこおめでとう!』と言われたので、てっきりイッテQの遠泳ロケに行かされるのかと思いました(笑)。
でも、その後マラソンに決まったよって言われて、びっくりしたんですけど嬉しくて、でも不安も大きくて。半々くらいですね。その後、あさこさんも走るって聞いて一人じゃないって知ってすごく安心しました。
学生時代からバスケ、バレー、スイミング、エアロビクスと運動はしてました。寛平マラソンへも出場してフルマラソンを走ったこともあります。ただ、9時間くらいかかって足切りでゴールできなかったんです。無茶苦茶しんどくて、地獄のようでした(笑)。
サプライズロケの後、あさこさんが『不安が大きかったけど、よしこも走るって知った時にがんばろうって思えた』って言ってくれたんです、涙出そうになって。正直、いまはプレッシャーを感じるほどの実感があまりないんですけど、大先輩からの言葉が一番うれしかったですし、がんばろうと思いました。

 今年の『24時間テレビ』のテーマは「人と人 ~ともに新たな時代へ~」。メインパーソナリティーは、が6年ぶり史上最多5回目の大役を務める。チャリティーパーソナリティーはフィギュアスケーターの浅田真央、ドラマスペシャル『絆のペダル』の主演は相葉雅紀

■過去10年の『24時間テレビ』マラソンランナー
第32回(2009年)イモトアヤコ
第33回(2010年)はるな愛
第34回(2011年)徳光和夫
第35回(2012年)佐々木健介北斗晶ファミリー
第36回(2013年)大島美幸城島茂
第37回(2014年)城島茂(TOKIO
第38回(2015年)DAIGO
第39回(2016年)林家たい平
第40回(2017年)ブルゾンちえみ
第41回(2018年)みやぞんANZEN漫才

この記事の画像

ニュース一覧へ戻る

この記事のコメント

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

公式