ドラマ&映画 カテゴリ

山本美月、“鮎川くん”演じた松坂桃李へ感謝 ファンから早くも“パフェロス”の声

 俳優の松坂桃李が主演を務めたカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『パーフェクトワールド』(通称:パフェ)のヒロイン・山本美月が26日、自身のインスタグラムを更新。25日に最終話の放送を終え、松坂との2ショットとともに心境をつづった。

 同ドラマは、不慮の事故により車いす生活を送ることになり、生涯一人で生きていくと決めていた建築士・鮎川樹(松坂)が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本)と再会し、心を通わせていくことで2人の生き方が変化していくラブストーリー。

 山本は「鮎川くんといることで、もちろん1番大変なのは鮎川くんだけど、鮎川くんの隣でつぐみを演じていて、側にいる、周りの人たちの葛藤を知ることが出来ました」と振り返り、「つぐみと鮎川くんはそれを理解し合っている、本当に素敵な関係」と2人の関係性について語った。
 
 また、松坂に対しては「そんな2人を表現する上で、いつも、良い意味で透明でいてくれた松坂さん。鮎川くんが松坂さんで本当に良かったなぁと心から思います」と感謝した。

 アップされた写真は結婚式のシーンのオフショットで、ウェディングドレスをまとった山本とタキシード姿で車いすに乗った松坂の2ショット。コメント欄には「素敵なドラマをありがとう」「涙、涙でした」「お似合いすぎ」「本当のカップルかと思うくらい素敵な二人」といった同ドラマの感想や「終わっちゃったの寂しい」「ロスが凄いです」「ツーショットが見られないの寂しい」といった“パフェロス”の声が寄せられている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索