アニメ&ゲーム カテゴリ

劇場版『仮面ライダージオウ』本予告編映像解禁 ソウゴたちが戦国時代に ウォズ裏切り?

 テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダージオウ』(毎週日曜 前9:00)。平成仮面ライダー最終作として、レジェンドキャストも登場し話題をさらっている。その劇場版『仮面ライダージオウ Over Quartzer』(7月26日公開)の本予告映像が14日、解禁となった。

【写真】その他の写真を見る


 平成仮面ライダーシリーズ第20作記念にして、「平成」最後の作品となった『仮面ライダージオウ』。「王様になりたい」という夢を持つ常磐ソウゴ(奥野壮)は、未来からやってきた明光院ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)との出会いによって、50年後の世界では、自分が世界を支配する魔王・オーマジオウとなっていることを知った。

 だがソウゴは、サイテーサイアクの魔王ではなく、最高最善の魔王になることを宣言。自らの運命を変え、人々が平和に暮らせる未来を作るべく、仮面ライダージオウとして戦い続けている。今回の劇場版は“本当の最終回”というべき内容となっている。

 解禁となった本予告編映像では消滅の危機にある仮面ライダードライブを救うため、常磐ソウゴ/仮面ライダージオウたちが、1575年の戦国時代へ旅立つ。そこで出会うのは、後世で「魔王」と言われる、かの有名な織田信長(前野朋哉)。ドライブの消滅と信長には一体どんな関係 があるのか…?

 さらに、ソウゴの前に立ちはだかるのは、DA PUMP斉藤秀翼パパイヤ鈴木らが演じる、 歴史の管理者<クォーツァー>。冷酷な目で見下す彼らの傍で、不敵な笑みを浮かべるウォズの真意とは?

 なぜ、仮面ライダージオウは存在し、平成仮面ライダーの力を集めたのか? 遂に訪れる真の大魔王誕生の瞬間。究極の力を持つ、仮面ライダージオウ オーマフォームが見据える先にある未来とは…。

 時空を超えた冒険の果てにたどり着く仮面ライダージオウ“真の最終回”、そして“平成仮面ライダー”と呼ばれ、「仮面ライダークウガ」から20作品続いてきたシリーズの総決算として描かれる ≪平成仮面ライダー 最終章≫ から目が離せない。

 入場者特典も解禁。「Wヒーローチェンジカード」で絵柄は、全部で6種類。その中から2枚をセットでプレゼントされる(全国合計70万セット限定)。

 また、同時公開される『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』の予告も公開。爆炎の中で剣を振るう映画オリジナルロボ・キシリュウジンが解禁となった。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 劇場版『仮面ライダージオウ Over Quartzer』の単独ビジュアル (C)劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映
  • 劇場版『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』の単独ビジュアル (C)劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映

オリコントピックス

 を検索