• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 歌、モデル、プロレスラー…マルチに活動するコスプレイヤー「着せ替え的な楽しさが魅力」

歌、モデル、プロレスラー…マルチに活動するコスプレイヤー「着せ替え的な楽しさが魅力」

 秋葉原のど真ん中で行われる定期コスプレ撮影イベント『サンクプロジェクト×ソフマップ コスプレ大撮影会』。24回目となる同イベントはたくさんのコスプレイヤーとカメラマンが参加し、和気あいあいとした雰囲気の中で開催された。

 可愛いメイド衣装とネコ耳で目を惹いたのが、レイヤーのYue-ゆえる-さん。普段は歌に芝居、モデル、さらにはプロレスにまで活動の幅を広げているマルチタレントだ。コスプレ歴は1年ほどとのことだが、『サンクプロジェクト撮影会』への参加は数えられないほどという、人気レイヤーの1人だ。「コスプレって、いろんな衣装を着られるじゃないですか。そんな着せ替え的な楽しさが一番の魅力かな」と語る、Yue-ゆえる-さん。次にやってみたいコスプレは? と聞くと「なんだろう…やり尽くした感があるから、今は思いつかないかも(汗)」とのこと。

 コスプレの王道の1つであるチャイナ服で参加してくれたのは、コス歴3年の八ツ橋さい子さん。「可愛くて一目惚れした」という衣装をまとい、存在感をアピール。「スタジオでの撮影会に比べて『サンクプロジェクト』の撮影会って、お客様にも気軽に参加してもらえる点が良いんじゃないかな」(さい子さん)。コスプレの魅力については、「やっぱり可愛い格好が出来るのが一番かな」という回答。次に挑戦してみたい作品は、『カードキャプターさくら』とのことで、「キャラも衣装も可愛いから着てみたいな」と理由を教えてくれた。

 同じくチャイナ服をベースとしながらも、自分なりにディテールをアレンジした衣装で登場したのが、芝姫さん。清潔感のあるショートヘアと整った顔立ちが印象的な美人レイヤーで、普段は撮影会からライブ、1日店長まで、何でもこなしているという。今回の黒を基調としたチャイナ服は、上品さを醸し出す刺繍使いが光る仕上がりになっていて、大人っぽい雰囲気の彼女と相性はぴったりだ。9年という長いコスプレ歴を誇る彼女、『サンクプロジェクト』撮影会への参加は今回で6回目くらいとのこと。「レイヤー同士、仲良くなった子とも、また新しい人とも知り合いになれるのが、このイベントの魅力ですね」と、芝姫さん。昔からボカロ好きだという彼女の初コスプレは、初音ミクだったという。また、コスプレの魅力について、「いろんな衣装を着ることで、普段とは違う自分に出会えることですね」と明かしてくれた。

オリコントピックス