ドラマ&映画 カテゴリ

月9ドラマ『ラジエーションハウス』P語る、“『HERO』っぽい”演出のワケ

平成から令和へ、フジテレビが時代の狭間に「月9」ブランドとして送り出したのが、窪田正孝主演の『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』。テレビドラマ史上、初めて「放射線技師」を主人公にした本作は、現在『グランドジャンプ』(集英社)で連載中の同名コミックが原作。放射線科「ラジエーションハウス」を舞台に、レントゲンやCTで病変を写し出す放射線技師と、画像を読影し病気を診断する放射線科医にスポットを当て、患者の「視えない病」をみつけ出し、命を救う彼らの戦いを映し出している。同局ではこれまで数々の人気医療ドラマを生み出してきたが、この異色作の企画の狙い、座組のこだわりなどについて、プロデュースを手掛ける中野利幸氏に聞いた。

◆縁の下の...

この記事の画像

  • 月9ドラマ初主演の窪田正孝 (C)フジテレビ
  • ヒロインを務める本田翼 (C)フジテレビ
  • チーム力が際立つ演出で地味なシーンも華やかに (C)フジテレビ
  • 『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)5月13日放送の第6話より (C)フジテレビ
  • 『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)5月13日放送の第6話より (C)フジテレビ
  • 『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)5月13日放送の第6話より (C)フジテレビ
  • 『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)5月13日放送の第6話より (C)フジテレビ

提供元: CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年8月26日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年8月26日号

<COVER STORY>
ドン・ウォズ氏(ブルーノート・レコード 代表取締役社長)
音楽というものは、「ワーク(働く)」ではなく
「プレイ(楽しんで演奏)」するもの

<SPECIAL ISSUE>
ネット発の才能がシーンを席巻
夏の“歌い手”アーティスト大研究

お問い合わせ

オリコントピックス

メニューを閉じる