アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【ガンプラビフォーアフター】「プラモ狂四郎」の“ガンプラ脳変革”と、“最弱にして最強”ジムへの想い

【ガンプラビフォーアフター】「プラモ狂四郎」の“ガンプラ脳変革”と、“最弱にして最強”ジムへの想い

 今年40周年を迎える『機動戦士ガンダム』シリーズ。世界的にも人気な強力IPだが、その礎のひとつとなったのは1980年代前半のガンプラブームだ。そんな「ガンプラ」進化の一翼を担ってきたモデラーの“匠の技術”について、人気模型誌の作例を手掛けるトップモデラー・ken16wさんとコボパンダさんにインタビューを実施。ガンプラ史において漫画『プラ狂四郎』が果たした役割や、量産型ジムに愛情を注ぐ理由を聞いた。

■“ガンプラ脳”を一変させた『プラモ狂四郎』の自由度(ken16w)

 小学生の時に「初代ガンダム」の再放送と劇場版を見てガンダムにハマり、例に漏れず町の模型店に並んでガンプラを買い求めていたというken16wさん。何より、“ガンプラ沼”にのめりこんだのは、80年代前半に一世を風靡した『プラモ狂四郎』(コミックボンボン/講談社)の影響だったそう。

「ボンボンは創刊号からの読者で、『プラモ狂四郎』はもちろん大好きです!! 最近SNSでガンプラの旧キット製作記事をよく見るようになり、自分も旧キットの1/144ガンダムを製作しました。その影響なのか懐かしく思い、『プラモ狂四郎』を中古で全巻購入したばかりです。少し高かったですけどね(笑)」

『プラモ狂四郎』はアイデアの宝庫で、本作から公式設定になったプラモも多かった。「当時、パーフェクトガンダムは絶大な人気でした。ただ、カラーリングからくるイメージで『ちょっとオモチャっぽいかな…』なんて感じていて、モスグリーンのMSV版FAガンダムの方が好みでした」と笑顔で振り返るken16wさん。何より、『プラモ狂四郎』が偉大なのは、ガンプラ改造の自由度を広げた点だと強調する。

「昨今のガンプラはガンダムの世界観に捕らわれない、独創的でインパクトのある作品が人気のように思います。アニメ『ガンダムビルドファイターズ』の影響もあり、ミキシング(別キットの模型パーツを組み合わせる技術)センスの高い作品もよく見かけます。その点で言えば、ミキシングの源流は『プラモ狂四郎』かもしれませんね」

 当時、『プラモ狂四郎』の「ガンダム対ジオング」の回に登場するパーフェクトジオングは、ジオングにドムの脚をつけるという斬新な設定で注目を浴びた。

「パーフェクトジオンクやパーフェクトガンダムなど、『プラモ狂四郎』のアイデアには夢があり、モデラーたちの“ガンプラに対する考え方”を一変させた」と、本作がガンプラの歴史におけるエポックメイキングな存在だとken16wさんは語った。

■ガンダムを輝かせ、敵の強さの尺度がわかる最高のヤラレ役MS・ジム(コボパンダ)

 主役であるガンダムではなく、量産型や敵MSを作る理由をコボパンダさんに聞いた。

「僕は戦車や戦闘機が好きで、特に戦車の「M4シャーマン」が大好きなんです。とりあえずたくさん作ってドイツのメチャ強い戦車に数で対抗しよう!それでも無理そうだったら武装を変えたり、装甲を増やしちゃおう!と生産性や拡張を考慮に入れた戦車なんです。この発想って完全にジムですよね(笑)」

 ジムは機動兵器を表現するための良い素材だと説明するコボパンダさん。それは、「素体の個性がない故に、自分の個性を込めやすいから」だという。

 また、量産機にはヤラレ役としての“儚さ”がある。その点については、「ジムはやられるしかない機体だと思っています。ガンダムという機体をより輝かせ、敵の強さの尺度がわかる最高のMSがジムなんですよね。なので、とりあえず華々しく散ってくれ!手足がもげて、爆散して、コロニーレーザーの藻屑になってくれといつも感じています。だから、“ただ強いだけ”のジムなんていらないと思ってます」

 一方で、ジムには別の側面もあるとコボパンダさんはいう。「数で勝負するジムは戦争の主役。戦争において“最弱にして最強”なのがジムです。戦ったらリックドムより強く、名だたるエースパイロットもガンガン乗っていて物語が作りやすいというのが魅力だと思います。僕みたいに、ガンダムばかりでは胃もたれしちゃう方もたくさんいると思いますし、ジムは絶対必要なMSなんです」

(C)創通・サンライズ



オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019