アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 鈴木浩介、ドラマ初主演「とてつもなくくだらない」『癒されたい男』実写化

鈴木浩介、ドラマ初主演「とてつもなくくだらない」『癒されたい男』実写化

 映画やドラマ、舞台、バラエティーなど、各方面で活躍中の俳優・鈴木浩介が、Paravi×テレビ東京グループ連続ドラマ「ドラマパラビ」枠(毎週水曜 深1:35)で4月期に放送される『癒されたい男』で主演を務めることがわかった。鈴木は、本作でドラマ初主演を飾るのだが、「とても面白かったです。攻めているな!という印象を受けました。とてつもなく“くだらないドラマ”です!」とアピールしている。

 2015年〜17年『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)で連載された月島冬二氏のヒーリング・コミックスが原作。男のおバカな妄想をストレートに描く事で、主人公のピュアな感情を表面化させ、男性からも女性からも共感を呼んだ。

 鈴木が演じる主人公・秋山寛は44歳、トイレメーカー勤務の真面目なサラリーマン。中間管理職の彼は、上司と部下からの板挟みにあい日々ストレスを抱えていた。そんな彼の癒しは、街で出会うさまざまな美女たちでちょっとHな妄想を繰り広げること。

 「初めて自分の心の抜きどころとして、“妄想”に見つけたんだと思います。真面目に一生懸命働いたがゆえの妄想だと考えると、愛せるキャラクターだと思います。ですので、ただのエロい妄想をしているおっさんだとは思われないよう努めてます」と鈴木。

 ドラマの見どころは、秋山が妄想して癒されていくシーン。第1話では、会社近くにあるお気に入りのコンビニで働く色白の美人店員・色白プ二子と昭和系団地妻・人妻ムレ子を前に、さまざまな妄想を繰り広げる。

 「癒してくれる数々の美しい女性が登場します。皆さん相当キャラクターが濃い方ばかりで、それぞれ癒され方が違います。秋山は登場する美女で妄想するのですが、どんな妄想で癒されるのか! 妄想シーンには数々の癒し系の美しい女性が出てきますので、これはもう20代30代も必見です!そして10代は性の目覚めを感じる瞬間もあるかもしれないです(笑)。是非幅広い世代に見てもらいたいです。楽しみにしていてください!」と、呼びかけていた。

関連写真

  • 鈴木浩介、ドラマ初主演で月島冬二氏の漫画『癒されたい男』実写化(C)「癒されたい男」製作委員会
  • 第1話の場面写真。さまざまな美女たちと“さまざまな妄想”を繰り広げる(C)「癒されたい男」製作委員会
  • 原作コミックス『癒されたい男』(C)月島冬二/日本文芸社

オリコントピックス