ドラマ&映画 カテゴリ

横浜流星&飯島寛騎、幼い頃のやんちゃエピソード告白

 俳優の横浜流星飯島寛騎らが16日、都内で介された映画『愛唄 −約束のナクヒト−』(25日公開)の親子試写会に出席。“親との思い出のエピソード”を当時の写真とともに披露した。

【写真】その他の写真を見る


 横浜が幼稚園生の頃の写真を見せると、会場からも「うゎ〜、かわいい」と歓声があがり、財前直見富田靖子川村泰祐監督も「女の子みたい」「目がパッチリ」と、しばらく写真に釘付けに。横浜は「よくまつげ上げているの?と聞かれるんですが、この頃から上がっていますね」と、「かわいい面(つら)をしている」ことは認めつつ、「すごくやんちゃでした」と当時を振り返った。

 「1歳下の弟がいるんですが、弟のことが大好きすぎて、母が洗濯物を干しているときに弟を家の外に連れ出して迷子になったり、買い物中に弟を連れ出して迷子になったり。遊びに夢中になりすぎて家の窓ガラスを弟と割ってしまって、迷惑ばかりかけていました」と告白した。

 これに「俺と似ているね」と語りかけたのが飯島。小学3年生の頃、遊んでいたRPGゲームを妹にリセットされた八つ当たりで、ストーブに向かって思いっきりサッカーボールを蹴りつけ、親に激怒されたことがあったという。この日、披露した写真は3歳くらいの時のもので、「親父のバイク、ZZ−R1100に乗っているっているところです。この頃、乗り物が楽しいと思いはじめた頃ですね。僕はタンクのところに乗せられて、いろんなところに連れて行ってもらいました」。

 飯島は父親について「父親は堅い性格なので、仲良しではないですけど、いろいろ教えてもらいました。進路や将来のことでもめた時期もあって、イライラしたこともあったですが、成人してから父親のありがたみをすごく感じるようになりました。北海道・札幌市出身の飯島は「実家に帰るときは小さなことですが、ビールを買ってかえったりしています」と、“親孝行”エピソードを聞いて、親でもある財前や富田がにっこり。

 横浜は「反抗期が長かったんですが、この映画をきっかけに、親に『いつもありがとう』という気持ちをことばで伝えることができました。家族といる時間をすごく大切にするようになって、年末年始も仕事の前日まで実家にいました」と、作品にも感謝していた。

 なお、財前は「18歳で、最初の宣材写真」を、富田はデビュー作の映画『アイコ16歳』のスチール写真を披露した。なお、当初登壇予定だった清原果耶はインフルエンザにかかり、欠席した。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 幼い頃のやんちゃエピソード告白した(左から)横浜流星、飯島寛騎 =映画『愛唄 −約束のナクヒト−』親子試写会 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『愛唄 −約束のナクヒト−』親子試写会に出席した飯島寛騎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『愛唄 −約束のナクヒト−』親子試写会に出席した横浜流星 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『愛唄 −約束のナクヒト−』親子試写会に出席した(左から)川村泰祐監督、財前直見、横浜流星、飯島寛騎、富田靖子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『愛唄 −約束のナクヒト−』親子試写会に出席した財前直見 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『愛唄 −約束のナクヒト−』親子試写会に出席した富田靖子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『愛唄 −約束のナクヒト−』親子試写会に出席した横浜流星 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『愛唄 −約束のナクヒト−』親子試写会に出席した財前直見 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『愛唄 −約束のナクヒト−』親子試写会に出席した富田靖子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索