松任谷由実、音楽への想いを熱弁「私の歌だけ残っていくことが、私の理想です」

シンガー・ソングライターの松任谷由実(64)が、文学、映画・演劇、新聞、放送などの文化活動で創造的業績をあげた個人・団体に贈られる『第66回菊池寛賞』(日本文学振興会主催)を受賞し7日、都内で行われた授賞式に出席。「そう遠くない未来に私が死んで、私の名前が消えても、私の歌だけ残っていくことが、私の理想です」と、一言一言に重きを置いて音楽への想いを口にしていた。

松任谷は「最初はなんだか、かっこいいかも」と受賞の連絡が届いた時の感想を話し「メディアの...

この記事の画像

  • 音楽への想いを熱弁した松任谷由実 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第66回菊池寛賞』の授賞式に出席した(左から)松任谷由実、三樹蘭氏、阿武野勝彦氏、内田優氏、佐伯泰英氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第66回菊池寛賞』の授賞式に出席した松任谷由実 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索