• ホーム
  • 芸能
  • 『この世界の片隅に』制作陣が再集結 長い時を生きる女性を主人公にしたWEBアニメを公開

『この世界の片隅に』制作陣が再集結 長い時を生きる女性を主人公にしたWEBアニメを公開

 映画『この世界の片隅に』の制作陣が手掛けたWEBアニメーション『わたしの名はオオタフクコ〜小さな幸せを、地球の幸せに。〜』の第1話が、“お好み焼きの日“である10月10日、オタフクソースのYouTube公式アカウントで公開された。長い長い時を生きている1028歳の主人公・オオタフクコが、戦後の広島で出会った鉄板料理『一銭洋食』(いっせんようしょく)を通じて、一緒に鉄板を囲んだ人たちに、小さな幸せと笑顔の輪を広げていく姿を描いている。

【写真】その他の写真を見る



 監督・脚本の片渕須直、キャラクター原案のこうの史代、音楽のコトリンゴ、アニメーション制作のMAPPA、オオタフクコの声は、主人公すずの義姉・径子(けいこ)を演じた尾身美詞(おみ みのり)が担当するなど、映画『この世界の片隅に』の制作陣が集結。

 オタフクソースのコーポレートスローガン「小さな幸せを、地球の幸せに。」を訴求するアニメとして全3話が制作され、“その1”は“お好み焼きの日”でもある10月10日に公開。片渕監督は「『この世界の片隅に』が戦前から終戦直後を描いた物語なので、その辺りの時代から始まって、現代につながるような話になると、より興味深い作品になるんじゃないかと思いました」としている。

 オオタフクコのモチーフは、こうのが『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)で連載する『百一 hyakuichi』のキャラクター。片渕監督は「自由気ままで、食い意地が張っていても、どこか愛嬌があって憎めない存在」と表現。そんな主人公が広島でお好み焼きに出会ったことによって、どんな風に自らと周りの人々を幸せにしていくのか注目だ。フクコ役の尾身は「長い長い時間を生きてきたフクコが、お好み焼きに出会って幸せを感じ、笑顔になっていく……という物語に胸がキュンとなり、ダメなところもチャーミング! と感じていただけるようなキャラクターになるといいな、と演じさせていただきました」と語っている。

 続編の“その2”は11月上旬より、“その3”は12月上旬より順次公開予定。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • ”その2”のラフイメージも
  • わたしの名はオオタフクコ
  • わたしの名はオオタフクコ
  • わたしの名はオオタフクコ
  • カットデータ (13)
タグ

オリコントピックス