アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 【コスプレ ビフォーアフター】アニマルカフェの店員とオタクモデル…美人レイヤーの知られざる「素顔」とは?

【コスプレ ビフォーアフター】アニマルカフェの店員とオタクモデル…美人レイヤーの知られざる「素顔」とは?

 世界に誇る日本のポップカルチャーとして、多くのアニメ・漫画ファンに親しまれている「コスプレ」。普段の自分とは異なる“別人に変身できる”点がコスプレイヤーたちを魅了して止まないという。そこで、普段はファッションモデルとして活躍するmamさんと(写真右)、アニマルカフェで働くmisacoさん(写真左)に、仕事とレイヤーの両立、コスプレへの想いなど、その知られざる“素顔”を聞いた。

■“好き”が仕事に繋がる幸せ「私からオタク要素を取ったらカラッポ」(mam)

 ファッションモデルとして、広告のモデルやブランドのパッケージモデルをやっているmamさん。最近は仕事が忙しく、「あまりコスプレ活動ができていません」と寂しい表情を見せた。

 コスプレに目覚めたきっかけは、「専門学生の頃に、『家庭教師ヒットマンREBORN!』(週刊少年ジャンプ・集英社)の沢田綱吉コスをしたのがレイヤーデビューでした」と振り返ってくれた。この頃はやりたい男装キャラが多すぎて、男装しかやっていなかったそう。

 コスプレの話をする時は本当に楽しそうなmamさん。「オタクでいることは“私のすべて”だと思っていて。私から“オタク要素”を取ったらカラッポの人間になる気がします」と笑った。

 最近は、ゲーム関係の仕事も多く「オタクをやっていて良かったって思うのは、そんな風に自分の好きなことを仕事に繋げられたことですね」と、オタク活動へのこだわりを話してくれた。

 「周りがどう見ようが、私はオタクだと思っているし、それで私に対して偏見が生まれても“どうでもいい”と思ってます。 “好き”が無くなったら生きていけないですから」。

■公式レイヤーを目指して上京「大好きなゲームの公式になれるよう挑戦したい」(misaco)

 普段、都内のアニマルカフェで働いているという人気レイヤーのmisacoさん、特にスローロリスが好きだと笑顔で語ってくれた。「目が大きいのもいいですけど、ペチャクチャ音を立てて食べるとことか、なんか可愛らしいですね(笑)」。

 コスプレ活動は、「ゲーム好きなので、ゲームに登場するキャラのコスプレはよくします」とのこと。これまでの一番のお気に入りを聞くと、「全部好きなんですけど、ひとつあげるなら『白猫プロジェクト』のテトラですね。それ以外だと、『FGO』のエリザベート、イリヤなんかもやりました」と教えてくれた。

 コスプレをはじめたきっかけは、学生時代の友人がレイヤーだったため、その影響を受けたのだそう。「そのうち、好きなゲームの公式キャラをやってみたくなったのと、コミケやワンフェスに参加したくて上京しました」と、東京で働く理由を明かした。

 上京してレイヤーとしての夢を叶えつつあるmisacoさん。これからの目標を聞くと、「今後は、大好きなゲームの公式になるのが夢です」と意気込みを語ってくれた。



タグ

オリコントピックス