アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ザギトワ選手、愛犬マサルも自分も急成長 愛猫との縄張り争いも「今では仲良し」

ザギトワ選手、愛犬マサルも自分も急成長 愛猫との縄張り争いも「今では仲良し」

 今年2月の平昌オリンピック女子フィギュアで金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手(16)が4日、埼玉・浦和ロイヤルパインズホテルで行われたエアウィーヴのイベントに出席。秋田犬の愛犬・マサルの成長に伴い、オリジナルマットレスを同社からプレゼントされると「今までは人間が快適になるために使っていましたが、今後は私の犬も快適なマットレスを使うことができるようになりました」と満面の笑み。平昌五輪後の自身の成長については「7センチくらい身長が伸びました」と急成長ぶりを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 以前も同社の代表・高岡本州氏より、マサル用のエアウィーヴをプレゼントされていたザギトワ選手だが「最初に使ったのは飼っている猫のイリースカで、マサルが飼育専門業者から帰ってきた頃には、すでに占領していました。最初は縄張り争いしていたのですが、マサルが勝ちました」と回顧。そこで、急きょイリースカ用のマットレスも贈呈されると「イリースカとマサルは今では仲良くしていて、お互いに尊敬していて、認めていて、関係としては問題ないです。でも、これで我が家もより平和になります」と語った。

 改めて、マサルへの思いを聞かれると「私にとっては友だちです。スケートは狭い世界で、あまり友だちいなくて、たまに話したいとか自分の気持ちを表したい時に、なかなか相手がいないのですが(マサルは)私の気持ちを理解してくれます」と力説。「マサルを抱っこしたり、自分の気持ちや1日の出来事を話したりしています。誰かに愛されたいという気持ちを持っているのですが、マサルは愛してくれる友だちになりました。練習の時にうまくいかない時はマサルとイリースカが来てくれて、私の気持ちを理解してくれているなと感じています」とかみしめるように語っていた。



関連写真

  • 急成長ぶりを明かしたアリーナ・ザギトワ選手 (C)ORICON NewS inc.
  • 黒のワンピース姿で登場したザギトワ選手 (C)ORICON NewS inc.
  • エアウィーヴのイベントに出席した(左から)高岡本州氏、アリーナ・ザギトワ選手 (C)ORICON NewS inc.
  • エアウィーヴのイベントに出席したアリーナ・ザギトワ選手 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス