アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 【ガンプラ ビフォーアフター】“宇宙最強MS”の具現化と心象風景をジオラマ化する匠の技術、その真髄とは?

【ガンプラ ビフォーアフター】“宇宙最強MS”の具現化と心象風景をジオラマ化する匠の技術、その真髄とは?

 1980年代、ちびっ子から大人まで空前の“ムーブメント”を巻き起こした「ガンプラ」。その後、発売から38年間で累計4億5千万個以上を出荷。HG、MG、RG、PGといったカテゴリー分けで試行を繰り返しながら今なお進化を続けている。そんな「ガンプラ」進化の一翼を担ってきたモデラーの“匠の技術”について、ガンプラコンテストで世界1位に輝いたシュンさん、ホビージャパンが主催する日本最大級のガンプラコンテストの1つ「全日本オラザク選手権」2011年大会で大賞を受賞した、あにさんにインタビューを実施。ガンプラ制作の真髄を聞いた。

■ガンプラは“キラキラした思い出”「日本人が世界3位で悔しかった」(シュン)

 ガンプラの世界大会『GBWC(ガンプラビルダーズワールドカップ )』が11年に開催。それを Yahoo ニュースで見て、ガンプラの世界大会があることに驚いたというシュンさん。「子供の頃に作っていたガンプラがいまや世界でも売られていて、そしてその世界大会があることに驚きました」。

 しかし、同大会で日本人の最高位は3位。それに対してシュンさんは「ガンプラはMade in Japanで、小学生時代のキラキラと輝いた楽しい思い出だったため、外国人の方に取られるのはすこし悔しいなと率直に思った」と吐露。そしてその想いがガンプラ制作を再開する一番のきっかけだったという。

 その後、シュンさんは2年間のガンプラ研究期間を経て第3回大会で優勝。受賞作品は、映画『逆襲のシャア』に登場するνガンダムだった。ただ、そのクオリティが評価される中で、自分の中で沸き起こる感情の変化を感じていったのだという。

 「最初は“ガンプラ世界一を日本に持ってきたい!”という思いで参加しました。ですが今は、モデラーにはそれぞれの作り方やこだわり、楽しみ方があって、それは上手い下手で語るのともすこし違うかなと。ガンプラを作り始めてモデラー仲間もできましたが、それぞれがガンプラに対して熱い思い入れやこだわりを持っていて、そこには優劣はないと思っています」。そう語るシュンさんにとって今の楽しみは、モデラー仲間との交流なのだそう。

 「気の合う仲間とたまに会って、ガンプラの勉強会じゃないですけど作った作品を見せ合っています。今は、こうした交流が最高に楽しいです」。

■トップモデラ―渾身の技術「時間の流れをプラモで表現」(あに)

 ガンプラ歴は約30年になるという、あにさん。「小学生の頃、ファーストガンダムが劇場公開されてそれを見て衝撃を受けたのと、ガンプラブームが重なったのがガンプラにハマった理由」なのだそう。

 11年に開催された「第14回オラザク選手権」で大賞を受賞。プラモという枠を超えた情景描写はジオラマのひとつの到達点と言えるかもしれない。本作についてあにさんは、「テーマは“美しく透明な湖と時間の流れ”で、こだわったのは湖の造形」と振り返った。

 これ1枚でストーリーが浮かぶ、“匠の情景描写”についてのこだわりを聞くと、「自分が情景模型で表現したいと思ってることは、“日常に突然割り込んできた非日常”」と強調。そして「見る人に違和感を与えるには、情景をどこまでリアルに作り込むことが出来るか?それにかかってくると思います」と続けた。

 ただし、モデラーにとって必要な技術は、「まず自分は何が好きなのか? 何がしたいのか? を知ることだと思います。とにかく楽しんで続けること。これが技の習熟に繋がると思います」と、笑顔で語ってくれた。



オリコントピックス