アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 舞台『逆転裁判』19年1月上演 スーパーエキセントリックシアターとカプコンがタッグ

舞台『逆転裁判』19年1月上演 スーパーエキセントリックシアターとカプコンがタッグ

 ゲーム『逆転裁判』シリーズの完全新作舞台『逆転裁判 -逆転のGOLD MEDAL-』が2019年1月に上演されることが21日、発表された。俳優の三宅裕司、小倉久寛を中心に結成されたスーパーエキセントリックシアターとCAPCOM(カプコン)がタッグを組む。

 『逆転裁判』は、弁護士として、無実の罪を着せられた依頼人を助けるために法廷で戦う法廷アドベンチャーゲームで、01年10月の一作目の発売から累計670万本のセールスを記録。09年より3度にわたる宝塚歌劇団での舞台化、12年には三池崇史監督による実写映画化、16年にはテレビアニメ化もされ、今年10月6日から読売テレビ・日本テレビ系で第2弾が放送される。

 今回の舞台は「国際司法オリンピック」で、成歩堂、真宵、御剣などお馴染みのキャラクターに加え、舞台オリジナルキャラクターや人気キャラクターのゴドーが登場。脚本は舞台シリーズをすべて手がける斎藤栄作氏、監修は『逆転裁判』の生みの親・巧舟氏が担当する。

 東京・シアター1010で19年1月16日〜21日(全9公演予定)まで上演され、キャストは追って発表される。



オリコントピックス