カナダ出身の人気シンガー・ソングライター、アヴリル・ラヴィーン(33)が日本時間7日、自身のサイトでファンに宛てた長文の手紙を公開した。死を意識したライム病との闘い、判明しにくいライム病への認識・理解を広めることへの使命感、そして壮絶な闘病を経て、5年ぶりの新作が完成した喜びが率直につづられている。 アヴリルは2002年、17歳で発表したデビューアルバム『レット・ゴー』が全世界で約2000万枚(日本では累積89.8万枚)を売り上げ、一躍大スターに。続けて、『アンダー・マイ・スキン』(04年、同97.7万枚)、『ベスト・ダム・シング』(07年、同93.7万枚)と日本でも3作連続でメガヒットを飛ばした。親日家でも知られ、14年には「ハローキティ」のミュージックビデオを原宿や渋谷で撮影。昨年2月には、妹のミシェルさんがONE OK ROCKのベーシスト・Ryotaと結婚したことを自身のインスタグラムで祝福したことでも話題を呼んだ。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

デイリーCDアルバムランキング2024年07月19日付

  1. MUSE

    1位MUSE

    JIMIN

    発売日:2024.07.20

  2. ROMANCE:UNTOLD

    2位ROMANCE:UNTOLD

    ENHYPEN

    発売日:2024.07.16

  3. DIVE

    3位DIVE

    TWICE

    発売日:2024.07.17

    1. 4位以下を見る

メニューを閉じる

 を検索