アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 猫カフェ『MOCHA』猫パルボウィルス感染を公表し謝罪 関東全店舗を臨時休業に

猫カフェ『MOCHA』猫パルボウィルス感染を公表し謝罪 関東全店舗を臨時休業に

 東京都内の猫カフェで、子猫が感染すると致死率が高いとされる感染症「猫パルボウィルス」が流行しているとネットで情報が拡散していた件で、『猫カフェ MOCHA』は2日、立川店で一部の猫が同ウィルスに感染し死亡していたことを公式サイトで公表。関東の全店舗を臨時休業としたことを発表し、謝罪した。

 猫パルボウィルスとは、猫に対して非常に感染力の強いウィルスで、感染すると発熱・吐き気・食欲減退・嘔吐・下痢・血便などの症状がみられ、子猫の場合は致死率も高く危険な病気。なお、人間には感染しない。ネットでは同店舗でウイルス感染が蔓延(まんえん)し、複数の猫が死亡しているとの情報が7月末ごろから広まっていた。

 『MOCHA』は公式サイトで「お詫びと関東全店舗臨時休業のお知らせ」との文書を発表。事態の経過としては、7月26日深夜、立川店の猫2匹の体調に異変がみられ病院で受診したところ、猫パルボウィルス検査で陽性と診断結果が出た。同月27日、28日にも他の猫の同ウィルス感染が発覚し、8月1日までに、合計で5匹の猫が同ウィルスに感染、死亡したとしている。

 その後の対応については「7月27日には社長である私及び提携獣医師を中心とした対策チームを組成し、速やかに外部の病院とも連携して治療体制を整え、店舗の徹底洗浄をするなどの対策を講じ、同月31日、東京都動物愛護相談センターに対応を相談し、同年 8月1日には同店を臨時休業とすることを決定しました」とし、「現在は、上記5匹以外には同ウィルス陽性と診断された猫はいませんが、獣医師の診断及び指導の下、少しでも体調に異変等のみられる猫については病院等で治療を行っているほか、それ以外の同店の猫全頭を、隔離施設に収容しています。また、清掃業者により店舗の徹底洗浄・消毒を行います」と説明している。

 今後の店舗営業に関しては「猫パルボウィルスの潜伏期間も鑑み、8月8日頃を目途に同ウィルス感染の有無につき全頭検査を実施し、全頭につき健康であることの確認ができましたら、東京都動物愛護相談センターにも安全確認を得た上で、営業を再開する予定です」と発表した。

 一部の報道やネットでは『MOCHA』の店舗間において猫の移動が行われているとの情報も拡散されているが、これについては「同店の猫を当社の他店舗へ移動させたことはございませんので、同店の猫から当社他店舗の猫に同ウィルスが感染したおそれはないものと考えております」と否定。一方で「ですが、お客様のご心配も考え、同店だけでなく関東全店舗について、明日より臨時休業とし、順次、同ウィルス感染の有無につき全頭検査を実施することとしました」としている。

 また、『MOCHA』はこれまで猫パルボウィルス対策として、全猫に対し生後2〜4ヶ月間と毎年1度のワクチン接種、提携獣医師による回診などを行ってきたと説明。今後は、「生後1年未満の全猫に対して3回目のワクチン接種」など対策を強化する。

 最後に、今回のウィルス感染の対応について「2匹の感染が発覚した時点で営業を即時停止せず、洗浄を徹底すること等で営業を継続したことにより、皆様にご迷惑やご心配をおかけしてしまったことは、当社の判断ミスであったと深く反省しております」と謝罪。「最近立川店にご来店いただきましたお客様の飼われている猫が猫パルボウィルスに感染していた場合には、当社が責任をもって治療費を負担させていただきます」としている。



オリコントピックス