アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『シティーハンター』20年ぶりの新アニメーション公開 アニメ版のキャストが再集結

『シティーハンター』20年ぶりの新アニメーション公開 アニメ版のキャストが再集結

 2019年2月8日から公開される人気漫画『シティーハンター』(原作:北条司氏)の新作アニメーション映画『劇場版シティーハンター(仮題)』の特報映像と新ビジュアル、追加キャスト情報が2日、発表された。約20年ぶりの新規アニメーション映像で、声優・神谷明が演じた主人公の冴羽リョウ(※漢字はけものへんに寮)の声と同作の名曲「Get Wild」を聴くことができる。

【写真】その他の写真を見る


 新宿を舞台にさまざまな依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」ことリョウは、超一流の射撃の腕をもつ裏社会No.1の始末屋(スイーパー)だが、無類の女好き。相棒の槇村香(CV:伊倉一恵)は、依頼人の女性に手を出そうとするリョウを時に“撃退”しつつも、仕事のパートナーとして支え成長していく。映画は現在の新宿を舞台にリョウと香が活躍する完全新作ストーリーを展開する。

 特報映像では、『キン肉マン』のキン肉スグルや『北斗の拳』のケンシロウ役として知られる神谷のリョウの声や、TM NETWORKの「Get Wild」とともに、夜の街を爆走するリョウの愛車、銃を放つシーンが描かれている。

 新ビジュアルは、暗闇の中、赤い炎に照らされたかのようなリョウがハードボイルドに描かれており、特報映像のラストで言う「この街には、俺のような男が必要なのさ」のセリフが銃の硝煙の先に浮かび上がっている。

 また、声優&スタッフ情報も追加発表。野上冴子役を一龍斎春水(別名義:麻上洋子)、海坊主役を玄田哲章、美樹役を小山茉美が担当し、神谷と伊倉と同じくテレビアニメからのオリジナルキャストが再集結。スタッフ陣は、キャラクターデザインを『機動戦士ガンダムUC』の高橋久美子氏、チーフ演出に『アイカツスターズ!』の佐藤照雄氏、『ラブライブ!』の京極尚彦氏が務める。

 さらに、神谷から「冴羽リョウを演じられることのうれしさと、あのころのように演じることができるのだろうかという不安が半分半分です。でも、本当に動き出したというワクワク感はあります。シナリオを読ませていただいて、今回の映画の中にも、格好良いリョウ、優しいリョウ、おバカなリョウ、そしてちょっぴりエッチなリョウが出てきます。その千変万化する冴羽リョウを楽しむために、声はもちろん準備を怠らないようにしたいと思っています」とコメントが寄せられた。

 1985年『週刊少年ジャンプ』で連載開始した原作は、リョウと香の活躍を時にハードボイルドに、時にコメディチックに描いて人気に。87年にサンライズ制作、読売テレビ・日本テレビ系列でテレビアニメが放送開始され、シリーズ140話、スペシャル3作に加え、劇場版3作が公開された。中国で実写映画が製作されるなど海外でも人気が高い作品で、昨年のテレビアニメ放送開始30周年を機に、今回の長編アニメーション企画が始動した。同シリーズの劇場アニメが公開されるのは1990年以来29年ぶりとなる。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 『劇場版シティーハンター(仮題)』新ビジュアル(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
  • 原作『シティーハンター』XYZ editionの第一巻表紙(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

オリコントピックス